>  >  > 『中学聖日記』聖が晶からのキスを受け入れる

有村架純、岡田健史からのキスを受け入れるが…… 『中学聖日記』最大の修羅場が訪れる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月23日に放送された『中学聖日記』(TBS系)第3話は、ついに聖(有村架純)が晶(岡田健史)の恋心を自覚し、涙を流すという衝撃的なシーンで幕を閉じた。「これ以上はありません、絶対に」と、よき理解者である千鶴(友近)からの忠告に答えていた聖だったが、晶への恋心に初めて向き合ったからこそ、晶と適切な距離を保つことを心がける。聖も、視聴者と同様に晶との恋があまりにも前途多難であることに自覚的なのだ。

 聖と晶が最も接触する場所でもある子星中学校は、夏休みを迎えようとしていた。夏休みということで、教師・聖と生徒・晶との距離は物理的に遠くなる。聖もそれに身を任せるように結婚雑誌を購入し、肉じゃがを作ることに挑戦する。しかしその様は、どこか通過儀礼的で淡々としている。

 一方の晶は、聖への恋心を知る友人・九重(若林時英)や父親代わりとも言える母の部下・上布(マキタスポーツ)に、叶わない恋だと言われることへの不満がたまっていた。「なんで先生を好きになっちゃいけないんだ」「そんな大人の都合、関係ない」と、晶は上布からの忠告に答える。それに対し、上布は「でも聖ちゃん先生はそういう大人のルールの中で生きている人だよ」と返す。本作のテーマを象徴している会話だ。

 晶の婚約者・勝太郎(町田啓太)と上司・律(吉田羊)も、キスの一件は無かったように仕事にまい進することに。律は、一見すると行動が読めないミステリアスな存在だが、実は極めて理性的だ。勝太郎への思いが恋かどうか確かめるとまで言い放つ律。その姿はまさに感情のままに突っ走る晶とは真逆の存在である。その2人がどちらも、婚約者である勝太郎と晶に思いをぶつけるという構造は、一つのドラマのポイントとも言える。“婚約”は契約であり、法律。つまり、ある種の外部からのルールだ。『中学聖日記』は、そのルールから外れることはそんなにおかしいことなのか? と、冷静な律、情熱的な晶という2人のキャラクターを通して、視聴者に問いかける。

      

「有村架純、岡田健史からのキスを受け入れるが…… 『中学聖日記』最大の修羅場が訪れる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版