>  >  > 『中学聖日記』第3話は怒濤の展開

有村架純、ついに岡田健史への恋心に気づき涙 『中学聖日記』は怒濤の展開に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 聖(有村架純)が「私にも価値があるんじゃないかと思って、気が付いたら目で追っていて……」「どうかしてる」と口にして、涙を流す。重要な場面だ。聖は晶(岡田健史)への恋愛感情を初めて口にしたのだ。

 中学聖日記(TBS系)第3話は、一つの章の終わりと次章の始まりを感じさせる展開となった。聖には晶が、聖の婚約者・勝太郎(町田啓太)には律(吉田羊)が。意識していなかったはずの存在が、彼らにとっていつの間にか大きなものになっていく。それは、第1話から予兆を感じさせながらも、静かに、だが確実に2人に迫ってきていたのだ。聖も勝太郎も、寂しさを埋めるための一時の火遊びはしていない。だからこそ2人の今後は、感情と理性のジレンマという苦悩を伴うものとなる。このジレンマは人間誰しもが共通して抱えるテーマだ。

 第3話は、晶が大きな成長を見せた回だとも言える。「先生を傷つけるようなことをするなよ!」と、聖を貶める書き込みの犯人だった同級生・海老原(川口和宥)に殴りかかる姿を見せたと思いきや、倒れてしまった母親の病院に、上布(マキタスポーツ)の車のウィンドウから「先生! ありがとう!」と笑顔で手を振る姿を見せるなど、晶の感情表現は幅を広げ、つい目で追ってしまう。プールに浮かび、目を瞑る岡田の横顔は、“主役”としての風格も感じさせた。今まで、わがままな中学生らしい中学生だった晶は、今回では視聴者でも引き寄せられるようなセクシーな魅力すら放つようになっている。この事実は、「中学生と教師の恋愛」という距離感を感じさせかねないテーマに大きな説得力を持たせていた。

      

「有村架純、ついに岡田健史への恋心に気づき涙 『中学聖日記』は怒濤の展開に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版