>  >  > 有村架純、なりたい職業明かす

有村架純、女優ではない職業選ぶならカウンセラー? 國村隼「それだけで治るでしょうね」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月18日、東京・新宿ピカデリーにて映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』の完成披露試写会が行われた。登壇したのは、有村架純、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高、そして吉田康弘監督の計9名だ。

 11月30日公開の本作は、有村架純と國村隼のW主演作で、日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく描く映画シリーズ『RAILWAYS』の最新作。夫(青木)とその連れ子(歸山)と東京で幸せに暮らしていた主人公の晶(有村)が、夫の突然の死により、残された連れ子とともに夫の故郷・鹿児島へ向かい、義父(國村)を訪ねる物語。亡き夫の子供の頃の夢でもあり、電車好きな連れ子のため、主人公が鉄道の運転士を目指す様子を描く。

 登壇した9名は、まずそれぞれ映画に込めた思いを語った。有村は「晶も私自身も、母親というものがどういう役割をしているのかよくわかっていなかったので、自分自身が晶に寄り添って演じられればいいなと思いました」と、役との共通点を見つけながら、手探りで演じていったことを明かした。また、有村の義父で、鉄道運転士役の國村は本作について「どこかみんな不器用な人ばかりで、僕が演じた節夫さんは、不器用でなおかつ頑固というイメージ。ちゃんとした運転士の人にこれは違うよって言われないように神経を使って演じました」と役作りについた語った。

 晶の血のつながらない息子で、鉄道が大好きな駿也を演じたのは、映画/ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』やドラマ『セトウツミ』にも出演した11歳の子役、歸山竜成。撮影の思い出について、「河原で野球したりご飯を食べて楽しんだりしました。自分の中で、これまでで一番役に入ることができました」と、手応えを語った。その他にも、「海沿いのシーンがすごく寒い中の撮影で。普段休憩中はみんな喋っているのに、その時は誰もしゃべらなくて。國村さんはひとり半袖のシャツで、なんか気まずかったです(笑)」と撮影エピソードを披露。有村との共演について聞かれると、「ほぼ毎回のシーンで一緒に撮影をしていました。1シーン1シーン有村さんと一緒だったから、ひとつを選ぶのは難しい……」と、照れながら答える。その様子を、共演者たちは優しい眼差しで見守っていた。

左から青木崇高、歸山竜成

 駿也の父親であり、晶と駿也を残し病気で他界してしまう修平を演じた青木は、舞台上でも歸山と本当の親子のように仲睦まじい様子を見せる。少したどたどしく話す歸山を途中で助けてあげたり、登壇の際は肩車して登場した。親子関係を築くために撮影前から会っていたそうで、「とりあえず遊びに行こうかと。一緒にカレー作って食べたり、電車に乗って……」と口にすると、歸山が「デニーズに行ったり。僕はカルボナーラ」と答える。青木は頼んだメニューまで暴露した歸山に笑いながら、「俺はおろしハンバーグを食べて。その関係がいい感じにスクシーンに映ればいいなと。有村さん演じる晶との出会いのシーンも素敵になっていると思います」と語った。

      

「有村架純、女優ではない職業選ぶならカウンセラー? 國村隼「それだけで治るでしょうね」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版