西島秀俊、“支えるポジション”で生んだ『散り椿』の力強い画 岡田准一との殺陣は屈指の名場面に

西島秀俊、“支えるポジション”で生んだ『散り椿』の力強い画 岡田准一との殺陣は屈指の名場面に

 日本が誇る名カメラマン・木村大作の監督3作目である『散り椿』で、木村組初参戦となった西島秀俊。名だたる映画人とともに仕事を重ねてきた木村率いる木村組への西島の参加は、期待をはるかに超えた、一つひとつの力強い画を生み出している。

 デビュー当時は『悪魔のKISS』(1993年・フジテレビ系)や『あすなろ白書』(同年・同局)など、西島がトレンディー俳優の1人として広く受け入れられていたことをご存知の方も多いだろう。一時はテレビに姿を見せなくなった時期もあるが、以降、作品の規模やジャンルを問わず多様な映画作品で映画俳優としての佇まいを見せ続け、テレビで見かけぬ日はないほどの現在でもそれは変わらない。

 シネフィル(熱狂的な映画ファン)としても有名な西島はこれまでに、諏訪敦彦や黒沢清、北野武といった、現代日本で最前線に立つ映画人との仕事を重ねてきた。『2/デュオ』(1998)、『ニンゲン合格』(1999)や一昨年映画界を賑わせた『クリーピー 偽りの隣人』(2016)、『Dolls』(2002)など、シネフィルである彼にこそ相応しいそれらの作品は、確実に映画史に刻まれている。そしてイラン映画界の鬼才アミール・ナデリ監督作『CUT』(2011)をはじめとした海外の監督たちの作品や、俳優の伊勢谷友介による監督2作目『セイジ -陸の魚-』(2012)などもまた、彼のバイオグラフィーに相応しい作品たちだ。

 ドラマに映画にと製作された『ストロベリーナイト』(2010-2013)や『MOZU』(2014-2015)などのエンタメ性の高い作品で爆発的に知名度を上げ、いまや国民的俳優といった印象もある彼は、CMで見せるキャッチーなキャラクター像も含め、常にイメージを一新させ続けている。近年は『風立ちぬ』(2013)や『ペンギン・ハイウェイ』(2018)で声優を務め、その姿は見せずとも声の芝居だけで私たちを魅了する。前者では職業俳優ではない庵野秀明演じる主人公を脇から支えるような存在であるし、後者では若手女優・北香那演じる主人公の少年の父親役に扮しており、これまた“支えるポジション”に西島が配されていることに納得だ。支えるというポジションこそ、演技者としてのキャリアがものをいう役どころだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ