>  > 『結婚相手は抽選で』高梨臨インタビュー

高梨臨が明かす、“結婚”が芝居に与えた影響 「役に対してすごく素直に飛び込めるようになった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村周平が主演を務めるオトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』(東海テレビ・フジテレビ系)が10月6日からスタートする。垣谷美雨の同名小説をドラマ化した本作は、様々な問題を抱える現代の若者を通じ、「結婚は本当に必要なのか?」「人と向き合うことの大切さとは?」をすべての人に問いかける社会派ヒューマンドラマ。少子高齢化への歯止めがかからない中、政府が「抽選見合い結婚法」を制定した日本を舞台に、結婚できない男女が絡み合う人間模様を描く。

 今回リアルサウンド映画部では、野村演じる主人公・宮坂龍彦と出会うことになるヒロインの冬村奈々役を務めた高梨臨にインタビュー。実家暮らしのプチお嬢様で、親のコネでラジオ局に入社した、ルックスだけが取り柄の女性という役どころを演じるにあたっての役作りの裏側や、初共演となった野村周平の印象、そして自身の結婚と本作との関係性などについて語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「野村くんと私は全然違うタイプ」

ーー「抽選見合い結婚法」という法律が施行された日本が舞台になっている本作ですが、最初に台本を読んだときの感想を教えてください。

高梨臨(以下、高梨):まずタイトルを見て「どういうことだろう?」と(笑)。最初は「こんな法律ありえないでしょ」という気持ちで読んでいたのですが、最終的には法律を通して、社会問題だったり、結婚や人生、人間に対しての問いかけだったりが描かれているなと気づいていきました。私が演じる奈々は、この法案を通して、自分自身に今まで全然向き合えていなかったということにも気付いていくんです。タイトルからは想像できないような人間の内面やリアルな心情が描かれていたので、そのギャップが面白かったです。

ーー今回が初共演となる主演の野村さんの印象はどうですか?

高梨:私の中で野村くんは、すごく今どきで運動神経もバリバリな、ものすごくモテるイメージがあったんです。一方、今回の作品の主人公の龍彦は、オタクでモテなくて潔癖性という設定で、野村くん自身とあまりにも真逆だったので、最初はまったく想像ができなかったんです。でも、第1話を観てみたらすごくマッチしていたので、さすがだなと。普段撮影をしているときの野村くんは、リハーサルでふざけたりするんですけど、本番になったらガッと集中する、本当にイメージ通りの自由な方です。

ーー野村さんがリハーサルでふざけるという話は制作発表会見でも盛り上がっていましたね。

高梨:野村くんは本当に本番で何を言うかも分からないタイプだったので、自分自身もフラットでいないとそれに対応できないんです。リハーサルの時はオタクなところをわざとすごくオーバーにしたり、変な感じでセリフを言ってきたり。それはそれで面白いんですけど、本当にこれはリハーサルになってるのかなと思うこともあって(笑)。でも、一見ワイワイとはしているんですけど、本番でビシッと決めてくるので、ちゃんと緊張感はありました。野村くんは本番でスッと入るタイプで、私とは全然違うなと思いました。

ーー高梨さんはどういうタイプなんでしょう?

高梨:リハーサルであまり本気を出さないのは私も同じなんですけど、野村くんほど自由に一発でいくタイプではなくて。私は常日頃からちょっとずつ要素を考えたりとか、いろいろ取り込んでいくタイプですね。

ーーそういう意味では、お互い影響し合った部分もあったのかもしれないですね。

高梨:私は野村くんに何も影響を与えていないと思いますけど(笑)、すごくやりやすかったですね。

      

「高梨臨が明かす、“結婚”が芝居に与えた影響 「役に対してすごく素直に飛び込めるようになった」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版