>  >  > 『半分、青い。』は最強の“ラブストーリー”

朝ドラだからこそ成立したラブストーリー 『半分、青い。』鈴愛と律のキスシーンを読み解く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ今週で最終回を迎える『半分、青い。』(NHK総合)。9月19日の放送では、ついにヒロインの鈴愛(永野芽郁)と幼なじみの律(佐藤健)がキスするシーンも公開されて大いに話題となった。ドラマを初回から見てきたものとしては、本作がラブストーリーを描くことが目的ではないからこそ、ラブストーリーの部分がより鮮明に見えるドラマだったと思う。

 筆者は、「キスシーンは第1話でしてはいけない」という論をあちこちに書いてきた。視聴者としては、その2人のキャラクターもわからなければ、関係性も、キスをすることになった2人の背景も知らないわけだから、単に演じている俳優同士がキスをしているようにしか見えないからである。

 もちろん、第1話でキスシーンを入れたい制作側の気持ちも理解できる。ニュースになるし、反射的に目を引くという効果もある。今まではドラマにおける1話は重要視されてきた。1話をまず見てもらわなければ、その後を継続して視聴してもらえる可能性が低くなるというのもわかる。しかし、スタート時から20%に達するドラマなどほぼ存在せず(朝ドラは除く)、じわじわと口コミで視聴率が上がっていく作品が多い昨今では、1話よりも大切にすべきは、2話以降の展開となっているのではないだろうか。

 そもそも、高視聴率であったり、後々まで語られたりするラブストーリーは、主役カップルの(妄想やハプニングを除く)キスシーンは1話には出てこない。例えば『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)は第6話、『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)は第8話、『昼顔~平日午後3時の恋人〜』(フジテレビ系)は第4話で初めてキスシーンが出てくる。すべて、「この2人はどうなるんだろう」とヤキモキさせてからのことだ。この中の2作品が不倫ものなのは、「不倫なんて本当はしたくはない、したくはないけれど…」という気持ちの枷があるからこそ、キスシーンが遅くなるという意味もある。

 また、『半分、青い。』の北川悦吏子が脚本を担当した『ロングバケーション』(フジテレビ系)の場合も、キスシーンは第6話で出てくる。恋愛ものだからと言って、最初から恋愛モードから始まらないからこそ、視聴者をどうなるのか…と惹きつけることができるのである。

      

「朝ドラだからこそ成立したラブストーリー 『半分、青い。』鈴愛と律のキスシーンを読み解く」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版