『半分、青い。』特集

『半分、青い。』はなぜ新しい朝ドラとなったのか インタビュー&コラムからその軌跡を振り返る

 北川悦吏子が脚本を手がけたNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』が、9月29日に最終回を迎える。本作は、永野芽郁演じる主人公・鈴愛が、幼少期に左耳が聴こえなくなるハンディに見舞われながらも、持ち前のバイタリティで“一大発明”を成し遂げる物語。“朝ドラらしくない朝ドラ”と謳われた本作の魅力はどこにあったのか。出演者・スタッフへのインタビュー、半年間にわたり掲載してきたコラムとともに、その軌跡を振り返る。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版