>  >  > 川口春奈が見つけた“ヒモ男”との生き方

川口春奈が見つけた“ヒモ男”窪田正孝との生き方は? 『ヒモメン』が貫いた真実の愛

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 看護師の春日ゆり子(川口春奈)は、姉の桜子(片瀬那奈)に、幼なじみの松平鷹彦(渡辺大)との結婚を迫られる。ずっとゆり子を見守ってきた彼氏であるヒモ男・碑文谷翔(窪田正孝)は、ゆり子を失いたくないため、ゆり子の同僚の看護師や医師の池目亮介(勝地涼)と力を合わせ、ゆり子を取り戻すことを決意。『ヒモメン』(テレビ朝日系)最終話は、ゆり子の本当の気持ちが重要になるグランドフィナーレであった。

 第1話から継続して描かれてきたゆり子と翔ちゃんの互いを思う気持ちは、最終話にして安定感のない不安な気持ちへ。ゆり子を思う愛情は人一倍という翔ちゃんも、ゆり子の1番好きな動物を知らなかったことで自信をなくすのであった。

 そしてゆり子は、ついに現実的な結婚に目を向け、翔ちゃんを更生させるのではなく、別の人を選ぼうとする。互いが離れていくことに納得するタイミングが重なってしまうと恋愛は途端に続けることが難しくなっていく。翔ちゃんはどんな時も“引く”態度を取らず、ゆり子を手に入れることだけ考えていたからこそ、今までも別れずに続けてくることができた。しかし、最終話では翔ちゃんの勢いも失速し、ゆり子自身も“引き際”のタイミングを感じてしまっている絶望的な状況。ゆり子は「1番好きでなくても幸せになることはできる」と自身のかつての将来の夢と、翔ちゃんとの状況を重ねながら話すのであった。

 前半では翔ちゃんの頑張りでゆり子を取り戻すといういつも通りのシナリオで、全員のキャストが協力してサポートするというベタに感動する演出方法をとった。しかし、後半で第1話からの今までの展開とは変わり、翔ちゃんが身を引くというスパイスが加わる。翔ちゃんの決断もまた、本当に大好きなゆり子が誰よりも幸せになれる道を考えたものであった。このスパイスは良い刺激となり、笑ってしまいそうなシーンの後にホロリと本気の涙が溢れそうになる。本当の愛ゆえに、離れていくことを決意する皮肉な展開ではあったが、リアルな恋愛の在り方がそこには描かれており、多くの人の気持ちを揺さぶったのではないかと思う。

      

「川口春奈が見つけた“ヒモ男”窪田正孝との生き方は? 『ヒモメン』が貫いた真実の愛」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版