>  >  > 松重豊、“ダーティーキャラ”の渋み

松重豊、『検察側の罪人』の骨幹部分を支える役割に 光る名演は長い“演劇人生”が活きている?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 木村拓哉と二宮和也という2大スターの豪華共演と、彼らの白熱した演技バトルが話題の『検察側の罪人』だが、ここであの人の名演が光っている。そう、松重豊である。いつにもましての渋みと凄み、そして何より美しく軽快な佇まいで、この骨太作品の骨幹部分を支えているのだ。

 松重といえば“名バイプレイヤー”として、多くの方が認知していることと思われる。それを事実上証明する作品でもある『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』(テレビ東京系)への参加や、ミニシアター系映画からメジャー作品までを横断する柔軟なスタイル。さらにはテレビCMで魅せる豊かな表情など、数ある作品の中に彼の姿をみとめただけで、ぐっと期待感と安心感が湧いてくる。

 そんな松重が本作『検察側の罪人』で演じるのは、闇社会のブローカー・諏訪部利成。堅気の人間ではないが、木村演じる最上検事に特別な関心を寄せていて、彼のために暗躍する。松重自身の強面なキャラ立ちが活かされたキャラクターだ。冒頭に記したように木村と二宮の対峙が大きな見どころの作品ではあるが、彼らそれぞれと松重の掛け合いもまた、瞬きを許さないほどの緊張感を強いてくる。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

 今年の活動でいえば、大きな反響を呼んだドラマ『アンナチュラル』(TBS系)での神倉所長役や、『素敵なダイナマイトスキャンダル』の諸橋係長役、あるいは映画『のみとり侍』の牧野備前守忠精役などのようなコミカル寄りでキャッチーなキャラクターも広く浸透している松重だが、ついに完結となった『アウトレイジ 最終章』(2017)での刑事・繁田のような高圧的なキレっぷりもたまらない。どちらが好きか観客の間では意見が分かれそうだが、本作の諏訪部という人物は、ちょうど中間あたりに位置するだろうか。

 終始ただならぬオーラを放つ掴みどころのない男である諏訪部は、ギョロリと光る目つきは鋭いが、物腰は柔らかく、ユーモアも忘れない。松重の高身長を活かした飄々とした佇まいから繰り出される流麗なセリフ回しには、そこで語られる言葉の恐ろしさを感じながらも聞き入ってしまう。やはり、長い役者人生の成せる業であろうか。しかし、それ以上に、長い“演劇人生”が活きているのではと感じる。

      

「松重豊、『検察側の罪人』の骨幹部分を支える役割に 光る名演は長い“演劇人生”が活きている?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版