>  >  > 『この世界の片隅に』“死”の影が見え隠れ

最もショッキングな場面が訪れる 戦争激化の『この世界の片隅に』ついに“死”の影が見え隠れ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昭和20年の3月、呉の町に空襲がやってくる。8月19日に放送されたTBS系列日曜劇場『この世界の片隅に』第6話は、ドラマの折り返し地点を迎え、着実に“昭和20年の夏”が迫ってくると同時に、激化してくる戦争、その中でいつもと変わらぬ“暮らし”を送ろうとする人々と、そして“死”の影が見え隠れし始めるエピソードとなった。

 空襲を受けた後でも、綺麗に咲き誇る桜を見るために公園に向かうすず(松本穂香)ら北條家の人々。公園には多くの市民が、これが最後かもという思いを胸に、いつもと同じ春を過ごしているのだ。そこですずは、リン(二階堂ふみ)の姿を見つけ、家族と離れてリンの元へ向かう。遊郭の近く以外で、この2人が会うのは初めてのことだろう。

 「高いところ好きなんよ」と言って木に登りはじめるリンが、さりげなく幼い頃に屋根裏に隠れていたということを語るが、すずは他のことを考えていて聞いていない。この台詞こそ、アニメ映画版では描かれていなかった(12月に公開するバージョンでは描かれるのだろうが)、幼い頃にすずが出会った“座敷わらし”の正体が、リンであったことを示唆しているわけだ。

      

「最もショッキングな場面が訪れる 戦争激化の『この世界の片隅に』ついに“死”の影が見え隠れ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版