>  >  > 「モテないサラリーマン」春田に惹かれるワケ

田中圭、『おっさんずラブ』で人気スターに “モテないサラリーマン”春田に惹かれてしまう5要素

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今春ドラマの話題をほぼ独占してしまっている状態ともいえる『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。仕事に関しては頼もしく、部下思いで、尊敬すべき上司でありつつ、恋する姿はまるで少女のようにウブで可愛い黒澤を演じる吉田鋼太郎は、さすがの演技力だ。また、チワワ的ルックスながら、高学歴エリートで、細やかで気が利き、家事・料理も万能の牧を演じる林遣都も、実に巧い。しかし、この作品をイロモノやコントでなく、王道恋愛ドラマとして成立させる説得力を担っているのは、主人公・春田創一を演じる田中圭だろう。

 なにしろ「モテないサラリーマン」春田が魅力的すぎるために、もともとゲイだった牧はともかく、もしかしたら黒澤部長に関しては本人が知らなかったトビラを春田に開かれてしまったかもしれないと思えるほどだ。それほどまでに、春田には「惚れてまうやろ~」要素が多分にある。

(1)甘く清潔感あるルックス

 まず大きな特徴がなく、アクがなく、ソフトで素朴でこざっぱりした顔。このルックスのせいもあって、田中圭はこれまで多数のドラマ・映画などで「優しい兄」「途中で死んでしまう役」などをたびたび演じてきた。

 それでいて、意外にも「脱ぐとスゴイ」。見るからにワイルドなタイプと違い、色白ふわふわのソフトな顔に似合わず、マッチョなのは高ポイントだろう。

(2)無防備でルーズでユルイ性格

 ストイックさがまるでなく、お菓子をボロボロこぼしながら食べたり、唐揚げを口いっぱいに頬張って大興奮で食べたりするこどっぽさ、ユルさに、つい母性本能(?)をくすぐられてしまう。

 しかも、このユルさは自分自身の生活スタイルやルールだけでなく、他者に対する寛容さにもつながっている。寛容かつ無防備ゆえに、気づかぬうちに惚れられ、告白され、キスを奪われることすらある。

(3)距離感がいやに近い

 他者との距離感が異様に近い。痴漢に間違われたところを黒澤部長に助けられると、そのまま胸に飛び込んでしまいそうな近さで半泣きの顔をさらす。本社から異動してきた牧の家事力を知るや、唐突に同居を提案してしまう。自ら誘っていると思われても仕方ない。

(4)お人好しで優しく、スキだらけ

 仕事中でも道を尋ねられ、困った様子の人を見ると放っておけずに案内してしまう。鉄筋が倒れてきて部長が下敷きになりそうになると、とっさにかばい、自分が下敷きになってしまう。そんな自分を心配し、涙ながらに抱きつく部長を思わず受け止め、思わず頭を撫でてしまう。

 また、自分に告白してきた牧に、「その気がないなら優しくしないでください」と言われながら、自分のもとを去ろうとすると、反射的に引き留めてしまう。引き留めたら最後、それはOKと同義だ。

 しかも、春田のお人好しぶりは、逡巡の末の選択ではなく、「思わず」「無意識のうちに」「脊髄反射的に」発動する。だからこそ、スキだらけ。そして、そのスキに油断させられるのか、相手も隠していた恋心をうっかり吐露してしまう。悪い人間なら、スキをついてYESを引き出すこともできそうだ(※このドラマに悪人がいないのは幸いだろう)。

      

「田中圭、『おっさんずラブ』で人気スターに “モテないサラリーマン”春田に惹かれてしまう5要素」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版