>  > 山田杏奈『ミスミソウ』インタビュー

山田杏奈が語る、『ミスミソウ』で感じた10代の切実さ 「根底には深い悲しみがある」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「主人公の春花には、自分の大切な人の命を奪われたことに対する強い憎しみがあるけれど、その根底にはどうしようもないほど深い悲しみもあります。その悲しみに寄り添うようにして、春花という人物を作り上げていきました」

【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

 今、もっとも注目を集める若手女優のひとり、山田杏奈の初主演映画『ミスミソウ』は、あまりにも壮絶な復讐劇に仕上がった。『ゆうやみ特攻隊』などのホラー作品で知られる押切蓮介の同名漫画を原作に、『先生を流産させる会』や『ライチ☆光クラブ』など若者たちの心の闇に向き合う作品で知られる内藤瑛亮が監督を務めた同作は、山田を中心とした若手俳優たちの鮮烈な演技により、目を背けたくなるほどの陰惨なリアリティを獲得している。

 物語は、東京から過疎が進む地方の学校に転校してきた主人公の野崎春花が、イジメの標的となるところから幕をあける。スマートフォンがない時代の閉塞的な田舎町で、やり場のないフラストレーションを抱えた若者たちにとって、イジメはそれぞれの存在意義を問うための、ある種の儀式のようなものとして激化していた。山田は、10代の女優として、本作で行われているイジメに嫌な近視感を覚えたという。

「学校という場所にはたくさんの人がいるから、意識的にせよ無意識的にせよ、その中で順列を付けたりしてしまうのは、起こりうることなのかもしれません。だからといって、イジメが行われて良いわけはないし、本当に恥ずかしいことだと思います。大人だったら理性で善悪の判断が付くけれど、中高生はまだ精神的にも未熟なところがあって、それがイジメに繋がるのかなと。春花がイジメの標的になるのは本当に些細なことがきっかけだけど、そこにこそ現実味を感じました。他人から見たら『そんなこと?』と思えるような出来事も、多感な10代の子にとっては大きなことで、なにかが壊れるきっかけになりうるということを、本作から感じてもらえれば」

 春花へのイジメは日を追うごとに激しくなり、ついには自宅にやってきた同級生が家に火を放つ事件にまで発展する。残酷なことに、春花の両親は焼死し、妹は全身に大やけどを負う。春花は復讐を決意し、血で血を洗う凄惨な争いへと身を投じていく。

「オーディションでは監督から、『春花の気持ちが理解できる?』と聞かれました。実際に人を殺めることはできないと思うけれど、もし自分が同じ目に遭ったら、やっぱり許せないと思うし、憎しみを抱く気持ちは理解できると答えました。春花の心情を表現するために、何度も原作を読み込み、そこで描かれている眼差しを意識して、役を作り上げました。押切蓮介先生の漫画のキャラクターは目に特徴があって、シーンごとに細かな変化があります。家族を殺されてからは、虚ろでいて、心が壊れてしまっている感じ。瞬きをあまりしないようにして、サイボーグみたいに気持ちを無にして、撮影に臨みました」

 容赦のないバイオレンス描写が、本作の大きな見どころのひとつだ。グロテスクなシーンも少なくないが、山田は平常心を保って演技に集中することができたという。

「幽霊とかは怖いんですけれど、グロテスクなのは意外と平気なんです。監督は血糊が大好きみたいで、『もっといっぱい付けよう』って、嬉しそうに自ら役者さんたちに塗っていました(笑)。現場で目玉や切れた指の模型を見たときは『うわぁ~』って思いましたけれど、撮影が始まってからはほかの役者さんも振り切って演技していたので、私も思いっきりぶつかっていくだけでした。そういう意味では、集中できる状況に持っていってくれた共演の俳優さんにも感謝しています」

 撮影期間中、俳優たちはお互いの役柄を意識して、距離を保ったコミュニケーションを心がけていたという。真冬の山村での撮影は過酷を極めたが、結果としてフィルムには若手俳優たちによる魂の演技が焼きついた。残酷な作品でありながら、儚い美しさも同時に感じられるのは、本作の優れた点である。

      

「山田杏奈が語る、『ミスミソウ』で感じた10代の切実さ 「根底には深い悲しみがある」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版