阪本一樹×須賀健太が語る、『サイモン&タダタカシ』を通しての成長 須賀「一樹は役者として大きな変化を遂げた」

阪本一樹×須賀健太が語る、『サイモン&タダタカシ』を通しての成長 須賀「一樹は役者として大きな変化を遂げた」

 若手映画監督の登竜門、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)において、ジェムストーン賞を受賞した小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』が3月24日より公開される。本作は、工業高校に通うふたりの男子高校生・サイモンとタダタカシが、高校最後の夏休みに“運命の女”を探して旅に出る姿を描く“青春純愛映画”だ。

 リアルサウンド映画部では、本作の主役・サイモンとタダタカシを演じた阪本一樹と須賀健太にインタビューを行った。今年芸歴20年目を迎える須賀と、本作が映画デビューとなる阪本。好対照なキャラクターを演じた2人が、本作とどのように向き合っていったのか、じっくりと話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

阪本「須賀さんがいるだけで皆が元気になる」

の画像1

ーー今年でデビュー20周年を迎える須賀さんに対して、阪本さんは本作が映画初出演にして初主演です。事務所の先輩でもある須賀さんと、同級生役として共演することが決まったときの最初の心境は?

阪本一樹(以下、阪本):僕にとって須賀さんはずっとテレビの中の方だったので、演じているキャラクターのような明るい方ではなくて、逆に「怖い人なのかな」という印象もあったんです。

須賀健太(以下、須賀):そんなことないでしょう(笑)。

阪本:撮影を重ねていくうちに、タダタカシと同じような明るさを持った方なんだと感じてました。

の画像2

ーー須賀さんは阪本さんと実年齢は4歳離れていますが、同級生役の抵抗は特に?

須賀:僕は30歳まで学生役をやろうと思っているんで(笑)。

阪本:まだ全然大丈夫ですね。

須賀:一樹も大人っぽい雰囲気を持っているので、同級生を演じる上で抵抗は全然なかったんです。

の画像3

ーー本作を観ていると、思わず高校生の頃に引き戻される瞬間が多々ありました。

須賀:僕が演じたタダタカシは、とにかくピュアで真っ直ぐな思考の持ち主です。周りからバカバカしく見えたとしても、「そのことしか考えられない!」というのは多くの人が経験したことがあると思うんです。観ている方が、少しでもそういった気持ちを思い出してしまうような、そんなキャラクターにしたいと思って演じていました。

ーータダタカシは須賀さんに似ていますか。

須賀:学生時代は教室でもうるさい方でしたし、すぐに何かに影響されがちなので、共感はしやすかったです。決してサイモンタイプではなかったですね。

阪本:逆に僕はタダタカシタイプには絶対になれないです。性格はサイモンに近かったので、演じやすかったです。

須賀:だからこそ一樹のタダタカシも観てみたいな。タダタカシを演じているのが全く想像つかない。

阪本:タダタカシのような真っ直ぐな感じにはどうもなれなくて。須賀さんが羨ましい部分もあります。

須賀:(笑)。

の画像4

ーー須賀さんの演技を1番近くで観ていて、そのすごさはどこにあると感じましたか。

須賀:いっぱい言っていいぞ(笑)。

阪本:須賀さんがいるだけでスタッフの方々がみんな元気になるんです。撮影が長くなってみんなが疲れているときも、自分から現場を盛り上げて下さいました。演技も間近で見させていただいて、本当に勉強になりました。

須賀:一樹は本作が初出演作になりますが、人って短期間にこんなに変わっていくのかと驚きました。サイモンとしての目つき、芝居をしている中での雰囲気、劇中のサイモンの変化と同様に、一樹も役者として大きな変化を遂げたと思います。

ーー確かに序盤のサイモンと終盤のサイモンでは雰囲気が変化していますね。特に、サイモンがタカシに自分の思いを告げるシーンはグッとくるものがありました。

須賀:そうなんですよ。サイモンが想いを告げるシーンと、映画のラストとなる2人の帰り道のシーンは、「芝居の意思疎通ができている」とお互いに肌で感じながら演技ができていたと思います。一樹が自分の感情を出すことにどんどん慣れていったのかなと感じました。

阪本:撮影に慣れていったというのもあると思いますが、撮影の時間外も須賀さんとコミュニケーションを取って、ふたりでいることが当たり前になっていったからこそ、それが映像にも表れていたのかなと感じました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる