>  >  > 女優業を邁進中の元アイドルと現役アイドル

前田敦子、深川麻衣、西野七瀬……元/現役アイドルたちがエンタメ界を席巻する理由

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイドル戦国時代」という言葉が生まれて久しいが、いまやAKB48をはじめとするAKBグループおよびその関係者が、圧倒的なパフォーマンスでエンターテインメント界を席巻していることは疑いようがないだろう。封切られたばかりの『素敵なダイナマイトスキャンダル』で新たな魅力を開眼させた前田敦子が、これまでアイドル界を牽引してきた事実は誰もが知るところである。そして彼女をはじめとし、川栄李奈や篠田麻里子、深川麻衣に松井玲奈といった、アイドルを卒業して本格女優の道に進んでいく者たちが、さらに西野七瀬や北原里英ら現役アイドルが、映画やドラマで主要ポジションを担い続けている事実もまた同じく、誰もが知るところだ。 

前田敦子/『素敵なダイナマイトスキャンダル』より (c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

 今作での前田は、柄本佑演じる主人公・末井昭のその妻・牧子を演じ、描かれる舞台である昭和という時代設定に溶け込み、“肝の据わった女性像”を見事に体現。その口調や佇まいに“昭和の女房”的風格を漂わせながらも、主演の柄本と小気味よい掛け合いを見せた。今年は阿部寛主演のコメディ時代劇『のみとり侍』や、小泉今日子に沢尻エリカ、広瀬アリスに鈴木京香といったそうそうたる豪華女優陣が一堂に会した『食べる女』など、話題の出演作の公開が控えている。 

川栄李奈/『僕たちがやりました』より (c)関西テレビ

 もちろん先述したように、アイドルから女優へと羽ばたいているのは前田だけではない。テレビドラマ『僕たちがやりました』(関西テレビ・フジテレビ系)や映画『亜人』といった話題作への出演が続く川栄は、今年は『嘘を愛する女』に続いて『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』も封切られたばかり。いずれの作品でもいわゆる恋愛の“2番手”を演じ、ヒロインの邪魔や、はたまた翻って応援する姿を見せてきた彼女だが、2018年公開予定の初主演作『恋のしずく』でついに本格ヒロインに。どんな恋模様を見せてくれるのか期待である。 

篠田麻里子/『ビジランテ』より (c)2017「ビジランテ」製作委員会

 入江悠監督の骨太なオリジナル作品『ビジランテ』での篠田の姿も忘れがたい。元来彼女が持つオーラと鋭い目つきとが見事に作品世界に反映され、ステージ上で笑顔で手を振っていたアイドル時代の姿を、観客の頭の中から消し去ってしまうほどの存在感を見せつけたのだ。次なる映画作品での暴れる姿の登場が待ち遠しい存在だ。  

深川麻衣/『パンとバスと2度目のハツコイ』より (c)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

 深川麻衣は映画初出演にして初主演した『パンとバスと2度目のハツコイ』で、その魅力を瑞々しくスクリーン上に開花させた。恋に揺れるひとりの女性の心を繊細に表現し、劇中での静かな日常の反復の中で、演じる市井ふみというキャラクターだからこその“激情”を見せたのだ。彼女はスクリーンが非常に良く似合う、フォトジェニーな女優である。 

松井玲奈/『海月姫』より (c)フジテレビ

 『笑う招き猫』、『めがみさま』と昨年は2本もの主演作が公開された松井玲奈は、最終回を迎える月9ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)で新境地を開拓。芳根京子ら“尼~ず”とともに怪演を見せ、これまでもイメージに囚われない女優活動で底知れぬポテンシャルを予感させてはいたが、ここで爆発させたと言っていいだろう。

      

「前田敦子、深川麻衣、西野七瀬……元/現役アイドルたちがエンタメ界を席巻する理由」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版