>  >  > 『フィフティ・シェイズ』最終章、公開決定

過激な官能世界は衝撃の展開へ 『フィフティ・シェイズ』最終章、今秋日本公開決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『フィフティ・シェイズ』シリーズ最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』が今秋日本公開されることが決まった。

 作家E・L・ジェイムズによる小説を映画化した同シリーズは、巨大企業の若き起業家にしてCEOのクリスチャン・グレイと、それまで恋の経験がなかった純粋なアナ・スティールによる特異な恋愛模様を描いた官能ラブストーリー。第3作目となる本作では、過激な官能世界で、最終章にふさわしい衝撃の展開が繰り広げられる。

 キャストには、アナ役をダコタ・ジョンソン、グレイ役をジェイミー・ドーナンが続投。また新キャストとして、新居の設計を任された建築家役に『呪怨 パンデミック』『新ビバリーヒルズ青春白書』アリエル・ケベルが選ばれた。前作に引き続き、ジェームズ・フォーリーがメガホンを取る。

■公開情報
『フィフティ・シェイズ・フリード』
2018年秋、TOHOシネマズ シャンテほかにて公開
出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、リタ・オラ、マーシャ・ゲイ・ハーデン
監督:ジェームズ・フォーリ-
脚本:ナイアル・レオナルド
原作: E・L・ジェイムズ『フィフティ・シェイズ・フリード』(早川書房刊)
配給:東宝東和
(c)2017 UNIVERSAL STUDIOS

「過激な官能世界は衝撃の展開へ 『フィフティ・シェイズ』最終章、今秋日本公開決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版