全身真っ白な理想の兄・新田真剣佑の真っ黒な過去が明らかに!? 『トドメの接吻』が描く愛の歪み

全身真っ白な理想の兄・新田真剣佑の真っ黒な過去が明らかに!? 『トドメの接吻』が描く愛の歪み

 主人公・堂島旺太郎(山崎賢人)が“タイムリープ”を利用すべく、“キス女”・佐藤宰子(門脇麦)に自らキスをせがみ、新展開を迎えた『トドメの接吻』(日本テレビ系)。1月28日放送の第4話では、ターゲットである並木美尊(新木優子)に旺太郎が迫るも、うまくはいかない。その背後で、美尊の兄・尊氏(新田真剣佑)が大きく動き出す姿が描かれた。

 この第4話は、尊氏の回想モノローグで幕を開けた。「家族と愛で繋がっている。それだけで僕は幸せだった……あの日までは」という彼の声とともに映し出されるのは、12年前のクルーズ船内での光景。旺太郎たちが忍び込んで覗いていた、あのクリスマスパーティーである。彼はあの日を境に、並木家に対して複雑な想いを抱えたまま、これまで生きてきた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 いまいちキャラクターが掴めない尊氏であったが、前回の宰子視点と同様に、旺太郎以外の尊氏視点が導入されたことにより、彼の内面が垣間見える回であった。「全身真っ白、腹んなか真っ黒」と旺太郎に評される彼が、どうやらあの海難事故を引き起こす直接の原因を生んでいたようだ。しかしその発端は、彼を傷つけてしまった父親・尊(山田明郷)にある。「美尊が生まれると分かっていたら、尊氏なんて引き取ったりしなかった」。父のこの言葉を聞いてしまった尊氏は、自棄を起こす。といっても幼少期の尊氏である。ちょっとものに当たったのが、思いもよらぬ大惨事に繋がってしまったのだ。歪んだ愛への渇きが、旺太郎たちの運命をも巻き込んだのである。

 「陰で支える人生なんてまっぴらだ。これからは好きにさせてもらう」。そう口にする彼は、苦しむ父に冷たいまなざしを向けていた。彼も旺太郎と同じく、愛を捨てなければ生きていけない人間なのかもしれない。

みんなのレビュー

尊氏兄の心の闇がやっと見えてきて展開が面白くなってきた。「もうもとには戻れない。戻るつもりもない」は、旺太郎と宰子とは真逆の考え。他の登場人物たちも、「時間を戻す」ことに対しての何かしらの強い思いが明かされていくんだろうと思う。女子的生活終わったし、志尊淳戻ってきてほしい。

レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版