>  > 『トドメの接吻』門脇麦インタビュー

『トドメの接吻』門脇麦が語る、山崎賢人ら同世代への思い「大丈夫、今の世代も頑張っていける」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「賢人くんが甘えられるくらい、どーんと広い器で」

ーー山崎さんが現場では“座長”として、菅田さんは「僕は皆の一番後ろ、しんがりとして務めていければ」とコメントしていました。門脇さんはどんな役割ですか?

門脇:朝ドラ『まれ』(NHK)で共演したみんなのことはいつも心配して見守っているし、元気かな、疲れてないかなって、テレビで見かける度に気に掛けるんですが、賢人くんもずっとそうやって気にかけてきたひとりです。やっとまた共演できて、しかも今までに比べると、しっかりと一緒に組める再共演の機会をいただけました。ただの共演者というよりは、私の方が年上で、「お姉ちゃんみたい」って言ってくれてるので、少しでも安心してもらえればというか、暖かく見守りつつ、お互い支え合いたいなという気持ちでいます。賢人くんが甘えられるくらい、どーんと広い器でいつも隣にいれるようにしたいです。

ーー今後の展開はどうなるのでしょうか。

門脇:私自身もこのドラマの結末を知らないので、完全に視聴者の方と一緒の気持ちで、台本が来るたびに「え、どうなるのこの先?」みたいな気持ちでいます。第3話の最後で、旺太郎から「契約しろ」ってノックを叩かれてる状態ですけど、そこに宰子がどう答えるのかが見どころですね。宰子の身の回りで、そのノックを返そうか迷うような出来事も発生するので、それをどう解決するのかもしっかり見てもらいたいです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記。

(取材・文・写真=大和田茉椰)

■放送情報
『トドメの接吻』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30〜放送
出演:山崎賢人、門脇麦、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗、宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依、志尊淳、菅田将暉
脚本:いずみ吉紘
音楽:Ken Arai
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:鈴木亜希乃、渡邉浩仁、岡宅真由美
演出:菅原伸太郎、明石広人
(c)日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/todomenokiss/index.html

      

「『トドメの接吻』門脇麦が語る、山崎賢人ら同世代への思い「大丈夫、今の世代も頑張っていける」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版