なぜ若手俳優は“クズ”を演じるのか? 『トドメの接吻』山崎賢人のホスト役がハマるワケ

なぜ若手俳優は“クズ”を演じるのか? 『トドメの接吻』山崎賢人のホスト役がハマるワケ

 山崎賢人がホストを演じる『トドメの接吻』(日本テレビ)。第2回までの放送を観ていると、こうして文章を書くときのポイントがかなりある作品だと感じた。

 まず、山崎のほかに、門脇麦、新田真剣佑、志尊淳、佐野勇斗など、若手俳優の注目株がたくさん出ている。そのうえ、主題歌を菅田将暉が歌い、友情出演もしているとなれば、それだけでも注目するというもの。

 ストーリーとしても、さまざまな要素が盛り込まれている。山崎演じる主人公の堂島旺太郎(源氏名:エイト)は、幼いころに父が船長を務める船で事故に遭い、弟を喪い、父が事故の責任を負わされたことで愛を信じていない。しかもその事故の真相には、エイトが100億の女と言ってその財産を狙う並樹美尊(新木優子)の父親の会社、並樹グループが関わっていることが2話で明らかになってきたために、復讐ものへと変化する可能性もある。

 これだけでも、ドラマとして十分成立するというのに、このドラマでは、そこにもう2個も3個ものっかってくる。なぜかエイトはサンタやメイドのコスプレをした佐藤宰子(通称:サイコ/門脇麦)からキスをされると一時は死においやられるが、そのたびに時間をさかのぼるというタイムリープものでもあるのだ。

 その上、ホストの後輩としてエイトが信頼している小山内和馬(通称:カズマ/志尊淳)もまた不可解な行動をとる。一時は単にエイトに嫉妬して襲撃しているのかと思いきや、2話の最後では、エイトに包丁を突きつけた後に「ずっと好きでした。一緒に死んであげます」とつぶやくのだから、謎が深まる。そしてそこに路上で生活していると思われる菅田将暉演じる謎の男がきて、「だから言ったろ、サイコはエイトを助けてるって」と言いながら高笑いをするという結末を迎えた。

 こう観ていくと、このドラマはホストものであり、復讐ものであり、タイムリープものでもあり、そして謎解きミステリーでもあると言えるだろう。

 このドラマでもう一つ注目すべき点といえば、山崎賢人が毎回、さまざまな女性ゲストたちと絡み、そして女性たちから「クズ」と言われるところではないだろうか。

 1話では釈由美子演じる元キャバ嬢のエステティシャンの常連客から、2話では並樹美尊が所属する並樹乗馬倶楽部のメンバーで、内緒でホステスのアルバイトをしている青田真凛(唐田えりか)からエイトは「クズ」呼ばわりされる。だいたいは、エイトに弱みを握られた女性たちなのだが、今後も1話に1回は女性から「クズ」と言われる展開になっていくのかもしれない。

みんなのレビュー

『陸王』の爽やか好青年の大地を演じた山崎さんもよかったですが、真逆のホスト役もいいですね。佐野勇斗さんや、宮沢氷魚さんもこのドラマで更にブレイクしそうです。

レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版