脚本家マックス・ランディス最新作『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』5月より公開へ

脚本家マックス・ランディス最新作『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』5月より公開へ

 『クロニクル』の脚本家マックス・ランディスが手掛けた最新作「Mr.Right」が『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』の邦題で、5月13日より日本公開されることが決定した。

 本作は、恋に落ちた女の子が殺し屋の能力に目覚めるという“覚醒ラブ・アクション”。ダメ男とばかり付き合い、失恋を繰り返す女子マーサが、殺し屋フランシスと恋に落ちたことで暗殺能力を覚醒させていく模様を描く。

 マーサ役で『マイレージ、マイライフ』のアナ・ケンドリック、フランシス役で『セブン・サイコパス』のサム・ロックウェルがそれぞれ出演する。

■公開情報
『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』
5月13日(土)より、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
監督:パコ・カベサス
製作・脚本:マックス・ランディス
出演:アナ・ケンドリック、サム・ロックウェル、ティム・ロス、RZA
配給:パルコ、ハピネット
原題:「Mr.Right」/アメリカ映画/カラー/95分/シネスコ
(c)2016 Right Productions, LLC

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ