>  >  > 声優は演技賞の対象とすべき?

声優は演技賞の対象とすべき? 傑作アニメ続出の2016年、各映画賞の結果を踏まえて

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月16日に発表された日本アカデミー賞をはじめ、各映画賞の結果が明らかになってきた。2016年の日本映画界は、近年稀に見る元気の良さを見せた。その中心を担ったのが、もはや国民的映画となった新海誠監督の『君の名は。』。興行収入は232億円を突破し(1月15日時点)、依然として興行ランキングでも上位につけている異例の事態だ。

 一方、老舗雑誌・キネマ旬報のベストテン日本映画第1位には『この世界の片隅に』が輝くなど、興行的な面でも、批評的な面でも、2016年はアニメーション作品の力を見せつけた象徴的な1年となった。

 一昨日に発表された日本アカデミー賞の結果をふまえ、ライター/ノベライザーの相田冬二氏に昨年の日本映画界を振り返ってもらった。

「日本アカデミー賞でも最多11部門を受賞した『怒り』は、マンネリ化した日本映画界のキャスティングの中で、オールスターキャストによる俳優陣の底力を見せるという明確な意志があると、作品を観る前から感じていました。渡辺謙を中心に、妻夫木聡、綾野剛、宮﨑あおいといった面々が非常にいい演技を見せてくれましたし、撮影や美術などの技術面でも、評価されて然るべき見ごたえのある映画だったといえるでしょう。ほか、日本アカデミー賞では『シン・ゴジラ』も役者賞で3名が優秀賞を受賞しています。一方で、そうした意欲的なキャスティングの実写映画でさえ、『君の名は。』には興行面では圧倒的な差を付けられてしまった。その事実は受け止める必要があるのではないかと」

 特に各映画賞で発表された演技賞に対し、相田氏は疑問を投げかける。

「興行成績がすべてというつもりはまったくありません。しかしながら、『君の名は。』があれだけ多くの人に受け入れられたわけですから、その主演声優を務めた神木隆之介と上白石萌音、2人の“演技”が評価されてもよかったのでは。加えて『この世界の片隅に』ののんも素晴らしい演技を披露していました。キネマ旬報ベストテンで、『この世界の片隅に』は映画作品として実写と同じ括りで1位となり、片淵監督も監督賞に輝きました。しかし、この2賞に関しては実写とアニメーションを分けていないのに、なぜか声優は演技賞の対象になっていません。その事実に対して、もっと多くの人が疑問を持ってもいいんじゃないかと感じます」

 2013年に公開された映画『her/世界でひとつだけの彼女』のスカーレット・ヨハンソンも、米アカデミー賞で、声だけの演技でノミネートされるか否かで議論が起こり、最終的には対象外となった。

      

「声優は演技賞の対象とすべき? 傑作アニメ続出の2016年、各映画賞の結果を踏まえて」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版