山田涼介『カインとアベル』で国民的アイドルとなるか JUMPの未来を担う「月9」挑戦

 また、本作ではラブシーンにも注目したいところだ。山田は『暗殺教室 -卒業編-』にて、山本舞香とキスシーンを演じたが、あくまでも物語上の一要素という印象が強く、本格的なラブシーンとは言い難いものだった。一方、今回の相手役となるのは実力派女優として知られる倉科カナ。桐谷演じる兄を巻き込んだ複雑な三角関係が予想され、よりリアリティのある繊細な演技が求められそうである。視聴者の予想を良い意味で裏切るような、大胆な展開を期待したい。

 前クールの月9ドラマ『好きな人がいること』は、桐谷美玲を主役に、山崎賢人、三浦翔平、野村周平といった今をときめく人気俳優で固めたドラマだったが、若年層に向けたであろうライトな作風はあまり支持を得られず、視聴率は決して芳しくなかった。対して今回は山田涼介というジャニーズきっての若手俳優を配しながらも、その作風はティーン向け恋愛ドラマにとどまらない可能性を秘めているといえるだろう。山田が役者としての実力をどこまで発揮できるかが、本作の成否を、ひいてはJUMPの未来を左右するのではないか。

(文=松下博夫)

■番組情報
『カインとアベル』
10月17日(月)よる9時〜
(初回拡大、10時9分まで)
出演:山田涼介、桐谷健太、倉科カナほか
脚本:阿相クミコ
脚本協力:金沢達也
原案:旧約聖書 創世記 カインとアベルより
制作著作:フジテレビ
公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/CainandAbel/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる