能年玲奈、女優復帰の道は広末涼子がお手本に? エキセントリックなイメージをどう活かすか

「一連の騒動で、彼女にはどこかエキセントリックなイメージが付いてしまいましたが、女優としてはまだまだ可能性があるでしょう。広末涼子も一時期は、奇行が目立つとの報道が相次いだものの、そのイメージもキャラとして利用して、現在はミステリアスな色気もある女優として活躍しています。芸能界にはお手本となるようなキャリアを積んでいる女優がたくさんいるので、彼女たちのようにうまく立ち回ってほしいですね。個人的には、前クールのドラマの中でも好評だった『重版出来!』の主人公のような、元気で真っ直ぐな“大人女子”を演じる彼女が見てみたいです」

 騒動での経験を糧にして、より女優としての魅力を増した能年の姿を見ることができる日は、もうすぐそこまで来ているのかもしれない。

(文=編集部)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる