>  >  > AKB48出身者、女優として躍進

AKB48出身者、女優として評価高まる背景ーー前田敦子、川栄李奈、島崎遥香らはどう躍進したか

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グループアイドルブームを切り開いてきたAKB48だが、春クールのドラマではAKB出身の女優が、各ドラマで成果を見せていた。

 AKBのセンターとして活躍し、卒業後は女優として活躍する前田敦子は主演ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)で恋愛体質の政治記者を演じた。常に複数の男性と恋愛して、決して恋に溺れないはずだった彼女が、妻子持ちの政治記者・小津(新井浩文)との泥沼にハマっていく姿は人間臭くて面白かった。「深夜の昼ドラ」と銘打っていることもあってか、セクシーな場面が多く、庶民的な女の子を演じることが多かった前田にとっては大人の女性を演じられることを証明する新境地となった。

 一方、意外なダークホースとして注目されたのが川栄李奈だ。連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)では、仕出し弁当屋の一人娘として働く姿を好演し『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)では、松下奈緒の妹役で既婚者の女性を演じた。どちらも役に成りきっており、おバカキャラで売っていたアイドル時代の川栄を意識することはほとんどなかった。アイドル出身の女優はどうしても、本人のイメージありきの役になってしまうものだが、自分を消して役に成りきれるのが川栄の素晴らしいところだ。こういう女優は作り手から高く評価されるので、今後は名バイプレイヤーとして出演作が増えていくことだろう。

 現役のAKBメンバーでは、『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)で生真面目すぎて就活がうまくいかずに悩む大学生を演じた島崎遥香が素晴らしかった。就活がうまくいかずにイライラしている姿もハマっていたが、柳楽優弥が演じるガールズバーのオーナーと妻子がいるとは知らずに恋愛関係になっていく姿は女の生々しさを見せており、ラブホテルに行く場面もあった。

 彼女たち三人に共通するのは、恋人とふつうに性行為をする年相応の女性をちゃんと演じているところだ。これは演じている本人もえらいのだが、こういう仕事にNGを出さない事務所の攻めの姿勢にも関心する。

 さすがに激しい濡れ場や脱ぐ場面はテレビでは難しいだろうが、おそらくいい作品と出会う機会があれば、躊躇なく脱ぐのではないかと思う。2000年代にジャニ―ズ事務所のアイドルたちがテレビドラマに俳優として進出して高い評価を受けたのは、宮藤官九郎を筆頭とした先鋭的なクリエイターが作る『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』(ともにTBS系)といったドラマに出演し、アイドルでありながら性行為や暴力的な行動をするアイドルとしてはイメージダウンになりかねない青年役に真正面から挑んだからだ。そのことで長瀬智也(TOKIO)や岡田准一(V6)といった俳優は頭角を現し、今ではジャニーズ事務所所属のアイドルであることが、欠点と見られることはほとんどなくなっている。宮藤官九郎脚本のドラマ『ゆとりですがなにか』で、現役アイドルでありながら、生々しい女性を演じた島崎を見ていると、同じことが今のAKB出身の女優にも起こりつつあるのだろうと思う。

 一方、『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)では、松井珠理奈が、中谷美紀が演じるアラフォーの美容皮膚科医の女子高校生時代の姿を演じた。ノスタルジックなセーラー服の美少女を演じていたのだが、アイドルだからこそできる美少女役もちゃんと押さえているのだから、やはりAKBは層が厚い。

 今期の出演はなかったが、大島優子や松井玲奈の出演作も年々増えており、『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』や『AKBラブナイト 恋工場』(ともにテレビ朝日系)といったメンバーが出演を務めるドラマを定期的に放送していることも、女優として進出する際の後押しとなっている。

      

「AKB48出身者、女優として評価高まる背景ーー前田敦子、川栄李奈、島崎遥香らはどう躍進したか」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版