>  >  > 『ドリー』さかなクンが本編監修&声優に

さかなクン、『ファインディング・ドリー』海洋生物監修&マンボウ役声優に決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160602-FindingDory.jpg

 

 東京海洋大学名誉博士のさかなクンが、7月16日に公開される映画『ファインディング・ドリー』で、字幕版&吹替版の海洋生物監修とマンボウ役の声優を務めることが決定し、あわせてさかなクンが登場する特別映像が公開された。

 本作は、第76回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『ファインディング・ニモ』から1年後の世界を描いた続編。忘れんぼうのドリーが、ただひとつ忘れなかった“家族の思い出”の謎を求めて、ニモとドリーが冒険を繰り広げる模様を描く。

 通常外部に依頼することがないというピクサー作品の監修に抜擢されたさかなクンは、劇中の台詞から、「貝にも目があるのか?」という疑問が発生した時に、「貝にも眼点という目に当たるものがある」とアドバイスをしたり、劇中に登場するマグロが、マカジキなのにカジキマグロと表記されていたのを指摘したり、「摂氏22度」という表現を、水温はあまり摂氏とは言わないと指摘し、「温度22度」に訂正するなど、海洋生物の習性や特徴だけでなく、日本語での正しい魚名などの表現や、海の仕組みにかかわることなど、細かい視点で監修を行ったという。

 また、マンボウ役として声優に挑戦することも決定したさかなクンは、「マンボウちゃんは世界で最も大きくなるフグの仲間ですので、おお~こんな偉大なマンボウちゃんの役を頂けて嬉しい!」とコメントしている。

『ファインディング・ドリー』さかなクン解説付き予告編

 あわせて公開された特別映像は、さかなクンのインタビューを含む特別映像。インタビュー映像では、「なんと私も参加させていただけるんだと、もう夢のようでギョざいます。私も東京海洋大学で学ぶ者として、しっかりと伝えられるよう努めていきたいなと思っております」とコメントしている。映像後半の予告編では、本編に登場する様々なキャラクターたちの特徴が、さかなクンの解説とともに紹介されている。

■公開情報
『ファインディング・ドリー』
7月16日(土)全国ロードショー
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マックレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
日本語版声優:木梨憲武(マーリン役)、室井滋(ドリー役)、上川隆也(ハンク役)、中村アン(デスティニー役)
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/dory

「さかなクン、『ファインディング・ドリー』海洋生物監修&マンボウ役声優に決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版