>  >  > 『殿、利息でござる!』追加キャスト発表

『殿、利息でござる!』追加キャスト発表 竹内結子、千葉雄大、松田龍平ら10名が出演へ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tono2.jpg

 

 2010年に映画化されたベストセラー『武士の家計簿』などの著作で知られ“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の近著『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』『残穢』を手掛けた中村義洋監督が映画化した『殿、利息でござる!』の追加キャストが発表された。

 今回追加されたキャストは、先日発表された阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡の3名に加え、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山﨑努の10名。全キャストが勢揃いした扮装写真もあわせて公開されている。

 『殿、利息でござる!』は、今から240年ほど前の江戸中期、仙台藩吉岡宿を舞台に、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、ついに地域を立て直した住人たちの物語。実在した穀田屋十三郎ら庶民9人が、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」を立て、奔走する姿が、現代によみがえる。

 吉岡宿の住人が集う煮売り屋のおかみで、未亡人の”とき”役に起用された竹内結子は、今回が本格時代劇映画への初出演となる。また、藩の財政を預かる出入司(しゅつにゅうつかさ)をつとめる役人・萱場杢(かやば・もく)役の松田龍平は、『長州ファイブ』(2006年)以来、10年ぶりの時代劇映画出演となっている。

■公開情報
『殿、利息でござる!』
2016年5月14日(土)全国ロードショー
出演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡ほか      
監督:中村義洋
脚本:中村義洋、鈴木謙一
原作:磯田道史『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊) 
製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
配給:松竹
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
公式サイト:http://www.tono-gozaru.jp

「『殿、利息でござる!』追加キャスト発表 竹内結子、千葉雄大、松田龍平ら10名が出演へ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版