0.3秒間のラリーから戦術を読み解く『卓球超観戦術』 判断を狂わせる“回転のだましあい”とは

0.3秒間のラリーから戦術を読み解く『卓球超観戦術』 判断を狂わせる“回転のだましあい”とは

 プロリーグであるTリーグが11月に開幕される卓球。その観戦術にフォーカスした書籍『卓球超観戦術 0.3秒間のラリーから戦術を読み解く』が、10月17日にカンゼンより発売される。著者は、日本人として初のプロ選手として4度のオリンピック出場を果たした松下浩二。本書には、特別対談として著者と水谷準選手との対談も収録されている。

 卓球は、ラリーを漠然と見ているだけでも楽しめる競技だが、ルールや技術、戦術、そしてトップ選手たちの目に見えない駆け引きなどを知ると観戦がさらに面白くなる。本書では、回転の仕組み、戦型、戦術といった基本的知識から「なぜ中国が強いのか」といった多くの人が抱く疑問への回答など、卓球をより楽しむための観戦術を紹介している。

■松下浩二(まつした・こうじ)プロフィール
1967年8月28日生まれの愛知県出身。元プロ卓球選手、Tリーグアンバサダー。明治大学卒業後、協和発酵に入社。日本卓球界初のプロ選手として日産自動車、グランプリ、ミキハウスと日本国内で活躍し、その後、海外にも視野を広げ日本人初となるドイツ・ブンデスリーガとフランスリーグでプレーをした。バルセロナ五輪から4度のオリンピックに出場。現役時代はカット主戦型として粘り強く戦い、2000年の世界卓球クアラルンプール大会でのティモ・ボル戦は今でも名勝負として語り継がれている。現役引退後は日本初のプロリーグ化を目指して尽力する。2018年「Tリーグ」を創設し、初代Tリーグチェアマンとなる。2020年7月をもってTリーグチェアマンを退任。退任と同時にTリーグアンバサダーに就任した。@matsushitakoji

■書籍情報
『卓球超観戦術 0.3秒間のラリーから戦術を読み解く』
著者:松下浩二
出版社:カンゼン
発売日:10月17日
価格:本体1,600円+税
http://www.kanzen.jp/book/b531821.html

【目次】
第1章 回転の仕組みと卓球の基礎知識
第2章 日本選手と戦型
第3章 中国はなぜ最強なのか? 日本の立ち位置とライバル国
第4章 中国に勝利した名勝負を分析日本はどうすれば中国に勝てるのか
松下浩二×水谷隼特別対談「日本が世界を制すために必要なこととは」?

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる