>  >  >  > Kool G Rap

Kool G Rap

(クール・ジー・ラップ)

86年にリリースされたクール・G・ラップ&DJポロ名義のデビュー・シングル「イッツ・ア・デモ」でラッパーとしてのキャリアをスタート、USヒップホップ・シーンのミドルスクール期を築き上げたクール・G・ラップ。彼はマーリー・マール率いるジュース・クルーのメンバーとしても有名だ。
その後、ポロとは袂を分かち95年に発表したソロ作『4,5,6』が全米R&Bチャート1位を記録。ストリートの絶大なプロップスを証明した。
「いったいいつ息継ぎしているんだろう?」と思わせるくらい矢継ぎ早かつぶっきらぼうに言葉を繰り出すクール・G・ラップ。その男臭い野太い声は食ってかかるようなハードボイルド的魅力に満ち溢れている。そして、凄まじく生々しい暴力描写を含む珠玉のストーリー・テリングは彼にしか持ち得ない素晴らしいアビリティだ。彼の一級品のスキルと圧倒的な存在感は群雄割拠のシーンのなかにおいても燦然と輝いている。クール・G・ラップは無敵だ。
98年にはインディー・レーベルより『ルーツ・オブ・イーヴィル』をリリース、その後U.N.K.L.E.のアルバム『サイエンス・フィクション』への参加やディアンジェロ「ブラウン・シュガー」のリミックスにも客演するなど、あちこちで怪気炎をあげているクール・G・ラップ。もちろん奥方のマー・バーカーとの馴れ合いで論議を巻き起こした『クリック・オブ・リスペクト』(04年)などでもその輝かしい辣腕っぷリを披露している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版