King Gnu、米津玄師、Perfume……NYタイムズスクエア広告に登場したアーティストの共通点

 ここまで紹介した3つは新作やサブスクリプションサービスのプロモーションの一環だが、少し違った掲載例もある。2021年12月9日には、櫻坂46のファンたちによってグループの映像が流れたことも大きな話題を集めた。

 映像は櫻坂46のデビュー1周年を記念し、所属事務所・Seed & Flower合同会社の許可を得たうえで海外のファンが制作したもの。彼女たちの写真やMVなどで構成され、「HAPPY ANNIVERSARY」や「FROM BUDDIES AROUND THE WORLD(世界中のBuddiesより)」といった文言も見られた(Buddies=櫻坂46ファン)。

 この映像にはメンバーも反応し、山﨑天はブログで「全て拝見させて頂きました!」と記したうえで、英語で感謝の想いを綴っている(※1)。国境を越えてお互いの愛を伝え合うことが叶った、温かみのあるプロジェクトだ。

 こうして複数の例を見ていくと、日本だけでなく海外でも人気を集めるアーティストたちが広告に起用されていることが分かる。タイムズスクエアの広告に起用されることは、いわば国内の音楽シーンを象徴するアーティストである一つの証拠とも言えるだろう。日本のアーティストが海外で展開される広告に登場することはファンとして素直に嬉しいし、誇らしくも思える。さて、次に“世界の交差点”に登場するアーティストは誰か、気になるところだ。

※1:https://sakurazaka46.com/s/s46/diary/detail/42198

King Gnu、Vaundy、YOASOBI…ストリーミング時代のアルバムのあり方 作品としての完成度を検証

ストリーミングが普及しデジタルシングルでのリリースが主流化した今、アルバムのあり方にもアーティストとしての個性がより如実に表れる…

三浦大知、ミセス 大森元貴、King Gnu 井口理…自在なハイトーンで魅了するボーカリストたち

今年印象的な活躍を見せたアーティストの中から、ハイトーンボーカルが特徴的な男性ボーカリストの楽曲を振り返る。三浦大知、Mrs. …

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる