King Gnu、幾田りら、LiSA、DISH//……2022年、FIFAワールドカップカタール関連楽曲から生まれる新たなアンセム

 11月23日から日本代表戦も始まる『FIFAワールドカップカタール2022』。サッカーワールドカップと言えば、テレビ局ごとの中継テーマも毎回話題を呼ぶ。その時代の顔に相応しいアーティストによって、広く支持されるアンセムが生まれ得るからだ。今大会も充実のラインナップとなったテーマ曲をピックアップしていきたい。

 King Gnuはワールドカップを含めた「2022NHKサッカーテーマ」として「Stardom」を書き下ろした。トライバルなビートを軸にし、終盤には日本代表サポーターチーム・ULTRASによるコーラスもまじえたエキサイティングな展開を持つこの1曲は彼らの掲げる“トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル”に改めて立ち返るような意欲作だ。

King Gnu – Stardom

 歌詞は選手の心情を代弁するような静かな鼓舞が込められている。これまで高い上昇志向を持ちながら活動を続け、今月には東京ドーム公演を成功させるなど文字通りスターダムを駆け上がったKing Gnuだからこそ描ける頂上へ向かうまでのリアルな精神性も刻まれている。バンドと選手の志が渾然一体となったドラマチックな1曲に仕上がっている。

 幾田りらはフジテレビ系列の番組公式テーマソングとして「JUMP」を提供。清涼感たっぷりのポップナンバーで、燃える闘志というよりも祝福や解放のイメージが浮かぶ1曲だ。彼女もまた、この数年間の内にシーンで存在感を示してきたシンガーである。挑戦者として自分に語りかけてきたような言葉たちが、選手たちへのエールとして輝いている。

幾田りら Official

 「JUMP」にも「Stardom」と同じく大勢で合唱できるようなシンガロングできるコーラスメロディが用意されている。コロナ禍を経て、歓声も増え始めたスタジアムを象徴するかのようなシンガロングパートの存在は、応援歌としてのエネルギーを高めているように思う。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる