『オリエント』『Extreme Hearts』『最近雇ったメイドが怪しい』……声優たちが歌う注目の夏アニメ主題歌

 7月11日から放送スタートするアニメ『オリエント』第2クール淡路島激闘編(テレビ東京ほか)は、梶原岳人が歌うEDテーマ「色違いの糸束」の優しい歌声にハッとさせられる。

 人の心は、出会いと別れを繰り返しながらその経験によって紡がれ、時にはほどけ絡まることもあるが、その1本1本を丁寧に束ねていけばやがて強い絆になる……楽曲の持つドラマを、梶原は儚さと強さを優しさで包み込んだ歌声で表現した。曲名は、“鐘巻武士団”をはじめとする様々な勢力が、“砲戦竜八岐大蛇”の討伐という同じ目的で手を取り合う姿とも重ねることができ、糸と束を組み合わせると“結”という一文字になるのも想像をかき立ててくれる。

 作詞・作曲のMotokiyoは、『刀使ノ巫女』(TOKYO MXほか)前期エンディングテーマ「心のメモリア」など、心にそっと触れるような楽曲を数多く手がけてきた。「色違いの糸束」も、オチサビ前の畳みかけるような展開やファルセット使いなど、楽曲の世界に引き込む仕掛けが満載だ。ストリングスを加えたバンドサウンドは、ストレートだが緩急による展開が秀逸。編曲の椿山日南子は、『錆喰いビスコ』(TOKYO MXほか)エンディングテーマで、ビスコ&ミロ(CV:鈴木崚汰&花江夏樹)の「咆哮」や、同作の劇伴などを手がけている。ポップスという範疇を超えた、壮大なスケール感と多彩なジャンルを感じさせる間奏など、緻密な編曲は、まるで1本の映画を観るような豪華さだ。

梶原岳人 / 色違いの糸束(official music video)

 梶原は同楽曲について、「たくさんの方々に愛されている作品を、曲の力でより魅力的に彩ることができるよう心を込めました」とコメント(※1)。歌、歌詞、曲、音、そしてアニメに登場するキャラクターたち。様々な視点から、裏の裏まで堪能してほしい1曲だ。

 聴くだけで元気が湧いてくる、魔法の歌声を持つ岡咲美保は、自身が小鷹咲希役で出演するアニメ『Extreme Hearts』(TOKYO MXほか)のオープニングテーマ「インフィニット」を歌っている。

 『Extreme Hearts』は、高校生シンガーソングライターの葉山陽和がハイパースポーツと出会い、仲間たちと新たな夢に向かって突き進む青春ストーリー。岡咲は昨年「ハピネス」でCDデビュー。明るく前向きな応援歌を心情としており、「インフィニット」もその流れを汲んでいる。ハスキーでどこか少年っぽさのある岡咲の声の特徴を、力強さに変換した爽快感溢れる歌声で、葉山陽和や小鷹咲希たちの努力や涙をそっと受け止め、夢への思いを後押ししている。MVでは彼女のイメージカラーでもあるイエローのフラッグを振って聴く者を鼓舞するシーンがあるほか、誰もいないコンサートホールで客席をバックに歌うシーンなど、シンガーとしての岡咲自身の夢も表現されているのかもしれない。

 作詞は男女問わずアイドルや声優などに提供するRUCCA、作曲・編曲のEFFY(FirstCall)は、水樹奈々や水瀬いのり、『ラブライブ!』シリーズなど数多くの声優楽曲を担当するクリエイター。サビ前ではメランコリックなメロディを聴かせ、一転サビでは青空に突き抜けていくような爽快さを見せる。途中でかけ声をかけるパートもあり、まるでヒマワリのような明るさを持った岡咲の歌声が120%引き出されている。

岡咲美保「インフィニット」MUSIC VIDEO

 「インフィニット」は8月17日に発売される岡咲美保の1stアルバム『BLOOMING』に収録。同作にはSCREEN modeの太田雅友、DECO*27、sajiのヨシダタクミなどが楽曲を提供しており、岡咲のその歌声にクリエイターからも注目が集まっていることが窺える。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる