美 少年 浮所飛貴、Aぇ! group 正門良規……ジャニーズJr.、グループを超えた音楽活動の意義

 近年、デビュー前であるジャニーズJr.の活動が顕著である。ドラマやバラエティ番組、映画など、今や多方面で活躍するジャニーズJr.だが、グループを超えて個人で活躍するケースも目立つ。

 その中で、ジャニーズJr.に関する2つの注目される活動が先日発表された。1つは、浮所飛貴(美 少年)が出演するテレビ番組『VS魂』(フジテレビ系)によるユニット曲、もう1つは、正門良規(Aぇ! group)のソロライブ開催である。いずれも、ジャニーズJr.に所属するメンバーによる、グループを超えた音楽活動となる。

 浮所は『VS魂』の企画として、相葉雅紀(嵐)、風間俊介、佐藤勝利(Sexy Zone)、藤井流星(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)と共に、番組オリジナル主題歌「New Again! Again and Again!」に参加し、昨年11月に楽曲が番組で公開された。『2021FNS歌謡祭』や『ジャニーズカウントダウン2021-2022』(いずれもフジテレビ系)にも『VS魂』のメンバーとして出演し、デビュー前とは思えない堂々としたパフォーマンスでSNS上でも高評価を得た。

 また、関西ジャニーズJr.による2022年春の大阪松竹座公演として、『正門良規Solo Live SHOW with 関西ジャニーズJr.』の開催が発表された。他の関西ジャニーズJr.とも共演するものの、デビュー前のジャニーズJr.が個人名義でソロライブを開催することは異例である。このことから、周囲の正門に対する評価や期待の高さがうかがえる。

 浮所は美 少年、正門はAぇ! groupのメンバーとして、グループの中でも中心的存在として活躍している。そのため、グループを応援するファンとしては、美 少年やAぇ! groupとしての活躍を見たい、という本音もあるだろう。事実、それぞれの発表の際には、喜びを示すファンも多い中、複雑な思いを吐露するファンの声もSNS上にはあった。

 特に、バラエティやドラマ、映画などと違い、音楽活動はグループで行うイメージが強い。ファンにとっては、音楽活動こそソロではなくグループで、という率直な思いもあるだろう。また、ソロ活動に対する意欲がグループ活動のモチベーションに影響する懸念もあるかもしれない。正門や浮所に対する複雑な反応も、こうした感情が影響していると推測する。

 過去にも、ジャニーズがグループを超えて音楽活動を行なった例は、デビュー組のメンバーを中心にいくつもある。もちろんその全てではないが、所属グループと並行したソロやユニット活動の中には、最終的にグループ脱退、退所に繋がったものも事実としてあるだろう。それ自体は良い悪いの問題ではなく、結果論でしかない。しかし、個人の可能性の追求に前向きな意見も多くある一方で、グループを超えた音楽活動にファンが複雑な思いを抱くのも、当然のことかもしれない。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる