アイドル界のスポーツクイーンは誰の手に? 日向坂46 東村芽依、乃木坂46 佐藤楓、AKB48 村山彩希ら運動神経抜群メンバー

 1997年にスタートした究極のサバイバルアタック『SASUKE2021』(TBS系)が今年も12月28日に放送される。先日、出場者100名が正式発表された。

MARQUEE Vol.140

 A.B.C-Z 塚田僚一やSnow Man 岩本照、ゴールデンボンバーから樽美酒研二と喜矢武豊といったお馴染みの常連組が並ぶ中、今年の特徴の一つとして多くの女性アイドルが出場することが挙げられる。

 今回選出された100名は、一斉にアナウンスされているわけではなく、順次発表されてきた。その様子は毎週金曜日に動画がアップされている『SASUKE』の公式YouTubeチャンネルで確認することができる。

 まず、最初に発表されたのは乃木坂46から佐藤楓。以前から佐藤は『SASUKE』への思いをアピールしており、乃木坂46内で抜群の運動神経を誇る彼女に番組側が出演オファーをした形だ。そのスポーツの才能が遺憾なく発揮されたのは、今年3月に放送された『オールスター感謝祭’21春』(TBS系)内の恒例企画「ミニマラソン」。昨年も女性ランナー2位という好記録を収めていた佐藤は、今年ついに女性ランナー1位へ。総合でも11位という、悲願のリベンジを叶えたのだった。

 陸上競技Webメディア「月陸Online」で、駅伝に関する連載を持つほどに、駅伝好きアイドルとしても知られる佐藤は、最近は駅伝番組でのリポーターやゲスト出演も増加。今年9月にはその体力を活かしたシューティングサバイバルゲーム『THE鬼タイジ』(TBS系)にも出演している。11月7日放送の『乃木坂46の「の」』(文化放送)では、たんぱく質中心の生活を送りながら、ジムにも通い始めたことを明かしていた佐藤。毎日行ってきた体幹トレーニングと自慢の諦めない精神で、目標とする1stステージクリアなるか。

【緊急】感謝祭マラソン女性1位の乃木坂46メンバーがSASUKE参戦決定!女性挑戦者の歴史に新伝説誕生なるか⁉【乃木坂お試し中の未公開映像あり】

 そんな佐藤にライバル意識を燃やすのが、昨年に続き2年連続で『SASUKE』に挑む=LOVEの瀧脇笙古だ。2019年に東京マラソン(ジュニア&ユース女子の部)にて20位に入る好成績を残した瀧脇は、グループいちの体力自慢のメンバー。2020年度は1stステージのローリングヒルであえなく脱落してしまったが、その笑顔で楽しむ姿勢が多くの視聴者の心を掴んだ。昨年は数少ない女性アイドルとしての出場だったが、今年は佐藤をはじめとする多くのライバルが。瀧脇は「ちょっとでもほかのアイドルより先にいけるように頑張りたい」と意欲を燃やしている。

【乃木坂に負けたくない】去年のリベンジに挑む指原の秘蔵っ子アイドル【SASUKE2021開催決定】



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる