INIのVlogシリーズが癒やされる 垣間見えるメンバーの個性と素の表情

 INIのYouTubeチャンネルにアップされている「INI Korea Vlog Tour」シリーズが癒やされる。メンバーが2人組、3人組に分かれ、オフの日を思い思いに韓国で過ごしている様子が映し出されており、楽しそうにはしゃいでいる平和な世界が広がっている動画だ。“らしい”やり取りが見られるペアもいれば、目新しい組み合わせで息の合った様子を見せてくれているペアもおり、それぞれ素が垣間見えているのではないだろうか。

 最初に動画がアップされたのは、田島将吾&池﨑理人ペアの「カフェ巡り編」。『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』のポジションバトル、コンセプトバトルでかなりクールなラップパフォーマンスを披露していた2人だが、動画内ではフワフワした雰囲気を発している。出だしから可愛らしさ全開で、動画後半にお互いの印象を語り合っている場面も実に微笑ましい。特に田島は、キレキレのダンスやラップとは異なる柔和な喋り方をしつつも、年上っぽく注文をしてみせたり、池﨑の分のカトラリーもセッティングしてあげるという気遣いも見せている。それに釣られるかのように池﨑も普段より柔らかい雰囲気で、彼の柔軟性の高さが見えてくる。そんな2人を見ていると丁寧かつ穏やかに生きることの良さをしみじみと感じてしまうほどで、落ち着いた大人のオフの日を見せてくれていた。

[INI Vlog Tour] 〜カフェ巡り編〜

 田島&池﨑ペアとは打って変わってやんちゃなやり取りが映し出されていたのは、西洸人&佐野雄大の「梨花洞編」。年齢もこれまでの経歴も全く違う2人だが、非常に相性が良さそうだ。ボケる西、的確なツッコミをタメ口で入れる佐野。ボケる佐野、それに乗っかる西。ふとした瞬間に寸劇を始める2人……。何事も全力で楽しみ、嬉しそうにはしゃぐ姿は長年親交のある仲の良い友だちのように見えてくる。途中食事を取り分けてあげるなどちょっとした“兄貴感”を出すなど七変化する西、意外にもツッコミ役が板についている佐野と、新しい顔も見られた。

[INI Vlog Tour] 〜梨花洞編〜

 続いてアップされたのは、藤牧京介&髙塚大夢の「猫カフェ編」。「INI Korea Vlog Tour」シリーズ以前から人気のコンビで、一番安定感があった。どこか親友感を醸し出しつつも、「髙塚の藤牧への愛が強く、藤牧は飄々としている」という関係性はいつも通り。だが、一人ひとりに注目してみると『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』時代とは印象が真逆である。一見すると大人しそうな藤牧が意外にも強気で引っ張っていくタイプで、負けん気が強そうな髙塚がマイペースなタイプ。こうした素がはっきり出ているのも、お互いのことを気の置けないメンバーと思っているからなのだろう。

[INI Korea Vlog Tour] 〜猫カフェ編〜



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる