TrySail、花澤香菜、降幡 愛……新たな節目を迎えた女性声優の最新作を聴き解く

 最後に紹介するのは、降幡 愛の1stシングル『ハネムーン』だ。アーティスト活動2年目、10月からは2ndライブツアーがスタートするなど、コンスタントなペースでソロ活動を継続している。

 これまで発表してきた楽曲の歌詞は、その多くが降幡自身によるもの。作曲・プロデュースとして共に活動する本間昭光との二人三脚も作品を重ねるたびにマッチしてきた。

 「ハネムーン」のサビでは〈浮気なハネムーン ここいらで作戦立てよう〉〈真面目な君にしたいされたい ころがし上手にプライド捨てて〉とあるように、楽曲のテーマは浮気や不倫について。降幡の声も伸びやかで、どこか80年代的なボーカルらしく聴こえるのは本間の手によるエディットのおかげだろう。

 MVはオールディーズな文字や飲み物、登場人物の服装など、80年代のトレンディドラマを思わせる世界観が広がっており、降幡が描くオリジナリティがしっかりと刻まれている。

降幡 愛 「ハネムーン」Music Video

 カップリングには2ndライブツアーのテーマソングとして制作された「真夜中のフライト〜約束の時刻〜」、身近なスタッフの結婚を題材とした「シークレット・シュガー」の2曲を収録。どちらも80年代を思わるサウンドとリリックが特徴的だ。

 先日、所属事務所を退所することを発表し、まさに心機一転の降幡。ツアー含め、彼女が今後どのような音楽を奏でるか注目だ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる