HiHi Jets初MV公開を機に考えたい 7 MEN 侍 菅田琳寧、少年忍者 安嶋秀生……アクロバット自慢のジャニーズJr.

7 MEN 侍・菅田琳寧

 運動能力テストにて、HiHi Jetsから「有望」として何度も名前が挙がったのが7 MEN 侍・菅田琳寧。菅田は『炎の体育会TV』(TBS系)でも注目を集めた、ほんわか笑顔の肉体派だ。アクロバットを得意としており、過去のISLAND TVではアクロバット「エアリアルティシュー」や、手にカメラを持ちながらバック転をしてみせる「バク転チャレンジ」を披露。ニコニコと、楽しそうに取り組むところが菅田らしい。

 運動能力テストでは、跳躍力や走力において好記録を残し、その美しいフォームはさすが“ジャニーズJr. No.1アスリート”。ほかにも、矢花黎に「菅田式ストレッチ」を施したり、持久力でぶっちぎりの記録を叩きだしたりと、運動企画を引っ張るエースとして活躍を見せた。

全グループ対抗!特別企画【運動能力テスト】7 MEN 侍

 「MV制作権」がかかった同企画、いずれのグループも全力で取り組んだのは言うまでもない。なかでも7 MEN 侍は、今野大輝の言葉を借りれば「ガチでやる」という、ハングリーさを強く感じた。今野がスッと手を出し、円陣を求める姿にはメンバーも驚いたほどだ。企画に参加する全グループの名前を出し、認めた上でライバル視する姿勢も彼ららしい。MV制作権獲得という結果は残せなかったが、記憶に残る健闘を見せた。

少年忍者・安嶋秀生

全グループ対抗!特別企画【運動能力テスト】少年忍者

 運動能力テストではHiHi Jetsに次いで惜しくも2位だったものの、身体能力の高さに定評がある少年忍者。躍動感あふれるダンスが魅力の彼らは、22人が主張しつつも融和する唯一無二の存在。華のあるエンターテイメントで、観る者を楽しませる。アクロバットを得意とするメンバーも多数在籍し、ステージ上を飛び回るさまは圧巻だ。ダンスにも、随所でアクロバティックな要素を取り入れている。

 今回は、キメとなる大技を多く担当する安嶋秀生を紹介したい。安嶋のアクロバット、とくに宙を舞う技は、素人目にも分かるほどに軽やかで、まるで重力を感じさせない。跳躍の高さはもちろん、滞空時間が長いのだ。

 また安嶋には「バック宙土下座」という特技も。我々にとっての歩く、走ることと同じくらい、もはや息をするように軽々とアクロバットをやって見せる安嶋だが、運動能力の高さやカンの良さといった才能のみによって得たものではなく、練習を重ねての賜物であると察する。

 少年忍者が見せる、毎回全力のパワフルなステージ。安嶋の華麗なパフォーマンスにも注目してみてほしい。

少年忍者【ダンス動画】太陽の笑顔(dance ver.)

 身体能力に限らず、ジャニーズJr.には全員、何かしら才能の種があることを筆者は確信している。それらが芽吹く瞬間を、今後も見つめていきたい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる