なにわ男子のCDデビュー決定にSixTONESメンバーが嫉妬? 思わぬ関係性が生まれた2組の『ANN』を聞いて

なにわ男子

 関西ジャニーズJr.のなにわ男子が、7月28日の“なにわ”の日に念願のCDデビュー決定を発表。その翌日、一夜限りの特別ラジオ『なにわ男子のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演した彼らは、熱気冷めやらぬまま生の声を全国に届けた。

 昨年12月14日に『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)で、全員での初冠ラジオ番組&関東のラジオ局初進出を果たしていた7人。約7カ月ぶりとなるニッポン放送に「あっという間!」とつぶやく姿から充実した日々を伺わせる。そのなかで、リーダーの大橋和也は「(前回の放送が)昨日のことのよう」と少々盛りグセを感じさせるトークを展開。「昨日はデビュー発表!」と、オープニングから総ツッコミを受けるのだった。

 関西から全国へ、さらには世界、宇宙へ……より大きな舞台へ羽ばたいていこうという7人は、30秒の自己紹介&メンバーによる1分間の他己紹介で、より多くのリスナーに名前を覚えてもらう流れに。すると、メンバーのギャップという名の“二刀流”っぷりが明らかになっていく。

 トップバッターは、最年少の長尾謙杜。趣味は釣り、スケボー、スニーカー集めと“THE 少年”を感じさせる自己紹介が披露される。おしゃれが好きでステージの衣装を担当するなど、責任ある仕事にも果敢に挑戦しているが、最後の一言は「甘やかして!」というのも末っ子の長尾らしいところ。メンバーによる他己紹介によると、やはり甘えん坊でかわいいところが長尾の魅力だが、朝から声量が大きく、歩き方もうるさいとのツッコミも。「歩く人間アラーム」と名付けられると、長尾自身も「気に入りました」と嬉しそうだった。

 2人目は、スラリとした高身長で目を引く道枝駿佑。「心も身体もクールで、みんながはしゃぐなか、親目線で落ち着いて見ている」と自称するが、メンバーからは「嘘しかついてない!」と“待った”の声がかかる。整った顔立ちはたしかにクールだが「何もないところでつまずくドジっ子」「ボディタッチ多めのかまってちゃん」「寝起きの顔がそこそこ」と次々に暴露されてしまう。愛あるイジりにまんざらでもない様子の道枝だが「寝起きは余計じゃない?」とクールに対応するのだった。

 3人目は、8月7日に20歳になる大西流星。「リアルにしっかりしている。脳年齡は高め。最近は“あざとい”って言われてるのかな?」と、自覚アリな“あざとかわいい”アピールを繰り広げる。キュルっとした瞳を持つ童顔の大西は、その小悪魔的な魅力でファンを魅了しているが、内面には「おっちゃん」が潜んでいる疑惑が……。好きな食べ物を聞かれると「もつ鍋、砂ずり」と答え、さらには笑ったら声が低くなるというのだ。だが、それではキラキラなアイドル像からかけ離れてしまうため、急いで「いちご」も好きな食べ物リストにIN! しかし「一番好きなのは?」と聞かれると「もつ鍋」と答えずにはいられないのも、さすが関西ノリだ。

 4人目は、ビジュアル担当の高橋恭平。自らも「結構カッコいい。万能感がスゴイ。なにわ男子の秘密兵器」と豪語するところが実に頼もしい。だが「知的」という自己紹介には、メンバーから「?」の声が。高橋の思う知的さとは、例えツッコミが得意なことを指すようだ。試しに「デビュー発表をした横浜アリーナの熱気は?」と聞かれると「ストーブ40℃」と即答し「それはアツい」と笑いを誘う。さらに「このスタジオの熱気は?」には「ロウリュ」とセンス抜群な返しを決めて、さらにその場の温度を上昇させた。

 ここからは年長組。番組冒頭、生まれが福岡、育ちが大阪であることを表すため「生粋の両方」というパワーワードを生み出したリーダー・大橋の番だ。ところが「リーダーって言ってるからには、みんなをまとめてます」の発言には、メンバーがすかさず「すっごい嘘!」とバッサリ。「集合するときにはだいたい最後に来る」そうで、「大橋待ち」にもかかわらず「よし!」と掛け声だけは一丁前なのだとか。さらに「地球を飛び出して宇宙人やら何やらも幸せにしたい」という大橋に、「大橋くんの宇宙はとなり近所」とのツッコミも。リーダー=しっかり者というイメージとはまた違う、なにわ男子らしいリーダー像を印象づけた。

 続いて、番組のMCを務める西畑大吾のターン。NHKの朝ドラに2回出演するなど演技力に定評のある西畑だが、深夜放送のラジオは噛んでしまいがちというウィークポイントが露呈する。この日も「かんしゃい(関西)」「全国“さんじょう”ろっきょく(36局)ネット」と噛み噛み。自己紹介もしょっぱなから「西畑男子」と名前とグループ名がミックスしてしまう失態も。だが、メンバー曰く夜中になるとオヤジギャグが飛び出すそうで、さらなるギャップが明るみに。「さっき、おこわ食べたんやけどさ、みんなの他己紹介“おーこわ”!」とすぐさまオヤジギャグを披露し、口は回らずとも頭の回転の速さを見せつけてくれた。

 ラストは、最年長の藤原丈一郎。番組冒頭から「オリックス・バファローズの藤原丈一郎です」と野球好きが溢れすぎて、球団入りしたかのような口ぶりで笑いを取ってきたが、30秒間の自己紹介では決められた時間内にきちっと収める仕事のできる一面をチラ見せ。野球実況、フリップ芸、そしてジャニーズとして歌って踊ることもしっかりとこなしていきたいという藤原は、2004年にジャニーズ事務所に入所し、デビューまで17年9カ月とJr.歴の最長記録を更新する形となった。そんなベテランの藤原に対して、メンバーは「最年長だけどクソガキでドM」と、イジり甲斐のあるキャラクターであることも伺わせた。

 リスナーからも「イキった高校生そのまま」と愛でられるフレッシュな年下組と、「グループ内にプロ野球選手がいるんですか?」とのフリに「1番キャッチャー、“なにわの古田”と呼ばれてます」とフルスイングで返すことができる年長組。投げても良し、打っても良しなスーパープレイヤーのように、一人ひとりがかっこよさと可愛さ、頼もしさと面白さを持ち合わせていることがわかる生放送だった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる