Kis-My-Ft2、「A10TION」MVに隠された10年分の感謝の足音 7人が歩んできた軌跡を辿る

キスマイ「A10TION」MV隠された10年の足音

 10回目のデビュー記念日である8月10日に、ベストアルバム『BEST of Kis-My-Ft2』をリリースするKis-My-Ft2(以下、キスマイ)。同作にはソロやユニット、舞祭組を含め、キスマイが10年間で発表した計300曲以上のなかから、ファン投票で選ばれた楽曲も収録される。「僕らの足音に君もいる」ーーその言葉のとおり、ファンとともに歩んできたキスマイらしい、10年の足跡と足音を感じられる作品だ。

 初回盤Aでは、デビューシングル『Everybody Go』のジャケット写真をオマージュ。7人が7人で過ごし、7人で迎えた10年目ーー重ねてきた月日の尊さを感じる。4thアルバム『KIS-MY-WORLD』から9thアルバム『To-y2』のタイトルにはメンバーの頭文字が隠されているのだが、『BEST of Kis-My-Ft2』のジャケットに刻まれた「KISMYFT2」の文字には、各アルバムのフォントをそのまま使用。ベストアルバムには、キスマイの歩みが刻み込まれている。

 収録曲の魅力にも改めて注目してほしい。キスマイの代名詞ともいえる“オラオラ系”のダンスナンバー、ローラーパフォーマンスを活かすアイドル性の高い楽曲や、ライブでおなじみのキャッチーな曲、そして7人のハーモニーやユニゾンをじっくり味わえるバラード……キスマイは、実にジャンルレスな楽曲を届けてきた。そして10年が経ち、やんちゃなイメージはそのままに、大きな愛とまっすぐな感謝を歌う年齢へと成長したのだ。

 そのひとつが『BEST of Kis-My-Ft2』に10周年記念作品として収録される新曲「A10TION」だ。10回目の記念日、そして11年目のはじまりに相応しい、壮大でハッピーな楽曲。山あり谷ありだった道程を振り返りつつ、10年分の感謝を伝える歌詞には、ジャニーズとしての誇りも感じられる。

〈“ジャニーズなのに” そんな声も 今では褒め言葉〉(「We are キスマイ!」歌詞より引用)

 そう彼らが歌うように、ときに“ジャニーズらしく”はなかったかもしれない。だが、だからこそ拓けた“キスマイらしい”道に、いつからか誇りを抱くようになった。

〈ずっと笑って 過ごせたら最高じゃん〉(「A10TION」歌詞より引用)

 そうしてこれから先も、キスマイらしく足音を刻んでいく。

 「売れ残りの集まり」と自称するグループ結成、長かった下積みと危ぶまれた7人でのデビュー……2011年2月12日、ついに迎えた「茶封筒の日」。一旦のリリース延期を経て、同年8月10日に恵比寿ガーデンプレイスで行ったデビューイベントの後には、緊張のまま『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した。先日放送された『音楽の日』(TBS系)にて感じた、今も続く中居正広との優しい繋がり。中居もまた「キスマイの足音」をそっと見守り、支えたひとりだ。

 10年間の軌跡と“これから”をファンタジックに描いた「A10TION」のMVでは、思い出のセットや小道具、キャストや振り付けがオマージュされている。53にものぼる(複数登場は除外)細やかなしかけには、制作チームの深い愛を感じずにはいられない。

 ちなみに、MVに隠されたアイテムを探すメンバーの様子が『BEST of Kis-My-Ft2』初回盤Bに特典映像として収録される。メンバーとファン、果たしてどちらが多く見つけることが出来るだろうか。いずれにせよ、10年分の思い出を共有している事実が嬉しい。そして、たとえ合流のタイミングは違えど10周年というキーポイントに立ち会う人はみな、この先を共にゆく“なかまっち”だ。ここからは、「A10TION」のMVに隠された10年分の足音に耳を傾けていきたい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる