ドミコ、強靭なグルーヴが生み出した“息もつかせぬ興奮と熱気” 楽曲の幅広さでも魅了した『猿犬蛙馬周遊Tour』

ドミコ、息もつかせぬ興奮と熱気

 新曲「猿犬蛙馬」のリリースを記念したドミコの東名阪ワンマンツアー『猿犬蛙馬周遊Tour』の東京公演が、7月21日に渋谷TSUTAYA O-EASTで行われた。感染予防対策が徹底されキャパシティを抑えて椅子が置かれているものの、ソールドアウトしていることもあって開演前から会場は、ライブへの期待に満ちた多くのファンの熱気で包まれていた。

 開演時間になり、さかしたひかる(Vo/Gt)と長谷川啓太(Dr/Cho)が登場すると、感情の高鳴りを隠しきれない客席。そんなファンの興奮を受け止めて包むように、まずはミドルテンポの「裸の王様」でずっしりと重いサウンドを届ける。そして手数の多い激しいドラムから「びりびりしびれる」で痺れるロックを響かせ、熱気を最高潮に持っていったと思えば、2人のジャムセッションが印象的な「まどろまない」も最高だ。

 前半から衝動的でキレのある演奏を響かせていたが、長谷川の刻むリズムはブレることなく安定している。さかしたは、演奏しながらリアルタイムで録音し再生するルーパーを駆使し、多重録音しながら音を構築していく。それらは繊細かつ複雑な作業でもあり、2人組でありながらも、大人数のバンドに負けない演奏の厚みと魅力を生み出している秘密の1つだ。

さかしたひかる

 ドミコの音楽性は幅広い。「なんていうか」ではオレンジの照明に照らされながら胸に沁みる切ない演奏を聴かせ、「ロースト・ビーチ・ベイベー」ではサイケで怪しげな空気を作り出す。ギターのアルペジオが印象的な「くじらの巣」では歌声にも圧倒させられた。途中で演奏を止めてリバーブのかかった歌声を響かせ、他の楽曲とは違う一面を見せる。この曲は演奏終了後に拍手すら起こらず、無音で張り詰めた空気が会場を包み込んだ。拍手する余裕がなくなるほどに、オーディエンスは感動し圧倒されたのだろう。

 音楽性の幅を見せつけた後は、再び最高で最強のロックナンバーが続々と投下される。「WHAT’S UP SUMMER」では、長谷川の耳をつんざくような迫力あるドラムから始まり、一気に盛り上げた。さかしたはドラムのすぐ前まで来て、2人で見つめ合いながら激しく演奏する。演奏の熱気が上がるにつれ、客席では身体を揺らしたり腕を上げる人が増えてきた。そんなファンの期待に応えるかのように、踊れる楽曲を連発する2人。紫の妖艶な照明に照らされながら、ダンスナンバーの「問題発生です」で客席をさらに揺らすと、怪しげな音色にゾクゾクするインストナンバー「おばけ」から、曲間なしで「化けよ」へとなだれ込む。まるでEP『VOO DOO?』をライブでアップデートし再現しているようだ。シャウトしたり長めのギターソロを弾き倒すさかしたの姿に興奮したファンは、手を上げ、拍手をして応える。

長谷川啓太



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる