「あべさく記念日」がトレンドに Snow Man 阿部亮平と佐久間大介、公私認める親密な関係性

Snow Man
Snow Man

 5月19日Twitterのトレンドに突如踊り出た「#あべさく記念日」。タイムラインにはハッシュタグを付け「今日はあべさく記念日」「共通点ゼロの両想いあべさく記念日」など記念日を祝うファンのコメントで溢れた。一方で「#あべさく記念日とは」「#あべさく記念日何」などこの言葉を知らないファンのコメントも多く寄せられ、そちらも話題となった。“あべさく”とはSnow Manのメンバー阿部亮平と佐久間大介の2人を指すコンビ名。話題となった“あべさく記念日”の発祥や二人の魅力について考察してみたい。

それぞれの得意分野で活躍の道を見出す

 ジャニーズ事務所へ2人が入所したのは阿部が2004年、佐久間が2005年のこと。2009年に結成されたMiss Snow Manのメンバーに選ばれた後に2012年からSnow Manとして活動し、2020年に悲願のデビューを迎えた。

 阿部は学業に専念するため一時活動を休止したこともあり、上智大学への入学を機に活動を再開した。当時のSnow ManはすでにJr.の中でもトップクラスの人気を誇っており、デビューしていた先輩グループからも名指しでバックに指名されるほどスキルの高い職人集団。阿部は学業と両立させながら大学院に進み、難関の気象予報士の資格まで取得した努力の人である。現在では「ジャニーズクイズ部」を率い、数々のクイズ番組に出演するなど“インテリジャニーズ”枠の立役者の一人としても知られている。

 佐久間は幼少期から習っていた体操とダンススキルを生かし、アクロバットとキレのあるダンスを武器に活躍。Jr.時代は人見知りで人との距離をとっていたという佐久間だが、Snow Man結成後にグループの飛躍を考えた末、考え方がポジティブになったという。2018年にスタートした『ジャニーズJr.チャンネル』の企画やYouTubeを通じ、現在の明るい“切込み隊長”としての立ち位置を確立。加えてアニメオタクを公言し『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演したことをきっかけにアニメファンにも知られる存在となった。アニメ特集番組などでも活躍している佐久間であるが、今夏公開予定のアニメ映画『白蛇:縁起』では初主演を果たすなど、声優としての活躍の場も見出している。

あべさく記念日発祥は2013年の三社祭

 そんな阿部と佐久間は、プライベートで旅行にも行くほどの大の仲良し。インテリの阿部とアニメオタクの佐久間には共通点が感じられないことから、雑誌ではかつて「共通点ゼロの両想い」と評されるユニークなコンビなのである。『Snow Manの素のまんま』(文化放送)で2人でハワイ旅行に行った時のエピソードを披露した際に、同じベッドで寝たことを告白。佐久間の「俺、阿部担(阿部のファン)にマウントとってっから」という発言にSNSでは「さっくん強火阿部担発言エモい」などファンが盛り上がりを見せた。これまでにはハワイだけでなく温泉などにも2人で出かけていることが明かされており、公私ともに仲の良い2人なのである。

 さてトレンドワードにもなった「あべさく記念日」は、2019年『TVガイド』創刊57年特大号内の対談で「二人の記念日」についての記事が元と言われている。この佐久間が友人と三社祭に行く際に阿部を誘ったことがあり、それをきっかけにプライベートでも遊ぶようになったことを告白した。対談の際に佐久間がスマホに保存した当時の写真を確認したところ2013年の5月19日のものだったことが判明。それを見た阿部が「俺らの記念日は5月19日ということで決定」と発言し、佐久間も「だね!」と賛同したことから「あべさく記念日」としてファンの知るところとなった。そのことから5月19日のトレンドに「あべさく記念日」が浮上したのである。しかしファンの中には当時の記事を知らない人もおり「#あべさく記念日とは」というハッシュタグで調べようとする人が続出し、こちらも大きな話題となった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる