大滝詠一、世代を超えて支持される普遍性 『A LONG VACATION』再ヒットを3つのポイントから解説

 日本のポップス史における金字塔。そんな仰々しいキャッチフレーズが似合う音楽はそうあるものではないが、大滝詠一の『A LONG VACATION』の名を挙げれば、誰もが納得するのではないだろうか。1981年3月21日に発売されてから40年の時が経ったが、いまだ色あせることなく世代を超えたリスナーを魅了し続けている。

[Official] 大滝詠一「君は天然色」Music Video (40th Anniversary Version)

 大滝詠一は今年3月に全楽曲のサブスク配信を解禁。去る3月21日には『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』として様々なフォーマットでリリースされたが、オリコンのデイリーアルバムランキングで1位を獲得。しかも、藤原さくら「君は天然色」をはじめとするアーティストによるカバー、TVアニメ『かくしごと』のEDテーマを担当するなど、近年はリアルタイム世代だけでなく、当時を知らない若者たちにも支持されているという。ここでは『A LONG VACATION』がなぜここまで高く、そして長く評価されるのかを解明していきたい。

 大滝詠一はご存じの通り、日本語ロックを成立させたといわれる“はっぴいえんど”の出身。はっぴいえんどは1969年に結成され、3枚のオリジナルアルバムを残して解散したロックバンドだ。メンバーは大滝詠一の他、細野晴臣、鈴木茂、松本隆の4人。言わずと知れた音楽シーンの重要人物がこれだけ集まっていた。バンド解散後は個々に活動を続けるが、大滝は主にプロデュースやCMソング制作などを手掛けていく。また、自身のレーベル<ナイアガラ・レーベル>を設立し、ソロ作品を発表していったが、セールス的に大きな結果を出せなかった。『A LONG VACATION』は、そういった意味においても起死回生の一作でもあったのである。結果、当時としては異例の100万枚を超えるヒットとなり、今もなお名盤として語り継がれることになるのである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる