TOKIO 国分太一、KinKi Kids 堂本剛……相次ぐ“ベテランジャニーズ”のSNS進出がもたらすもの

“心のやらかい場所”をくすぐるSNSでの出会い

 国分と堂本は、それぞれ1994年、1997年にCDデビューを果たした。1997年12月には、V6とともにチャリティユニット「J-FRIENDS」を結成。個性豊かで兄弟のような13人組は、今なお再結成が切望されるほど絶大な人気を誇った。テレビで彼らの顔を見ない日はなかったといっても過言ではない。少年隊やSMAPとともに「ジャニーズ華の時代」ともいえる90年代を支え、今なお幅広い世代から愛される存在だ。

 3月28日に放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)スペシャル。視聴者は懐かしい映像に胸を熱くさせ、国分のツイートを拡散し、リプライを寄せていた。堂本については「ジャニーズファンになった原点の人」との声が多く、彼が出演していたドラマ作品を懐かしみ、夢中だったころの想いをSNS上で共有するユーザーの存在が見受けられた。

 青春時代のアイドルは、誰にとっても特別な存在だ。そして、国分や堂本ら世代の存在は、多くの人にとって「特別以上に特別」と言うほかない。不意に訪れたSNS上での彼らとの出会いは、既存ファンのみならず、かつての視聴者、かつてのファンの「心のやらかい場所」を今、くすぐっている。

※記事初出時、一部情報に誤りがございました。訂正の上、お詫びいたします。

■新 亜希子
アラサー&未経験でライターに転身した元医療従事者。音楽・映画メディアを中心に、インタビュー記事・コラムを執筆。Twitter(@akino_ippo)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる