登坂広臣、ØMIとして表現する二面性 楽曲から浮かび上がる新たな“問い”

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)のボーカル 登坂広臣のソロ名義「ØMI」によるEP作品『ANSWER…SHADOW』が5月12日にリリース&全世界へ向けてデジタル配信される。また、EPの発売に先行してデジタルシングルの3カ月連続リリースも決定。2月20日に「ANSWER… SHADOW」、3月12日には「Can You See The Light」がリリースされ、それぞれMVも公開された。

 EPのリード曲である第1弾シングル「ANSWER…SHADOW」は、深いリバーブ(残響)に沈み込むような音像のチルトラップという、三代目JSBはもちろんソロでもかつてなかった類の楽曲である。幻想的かつ虚無的でどこか物悲しさのあるサウンドの中で、登坂の妖艶な歌声が浮き立ってくるような印象があり、三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」などでも特徴的だった彼の深い呼吸を感じさせる歌い回しやファルセットが深海で発光するかのように柔らかく鳴ることで、心地良い陶酔感を誘う。歌声の魅力をじっくりと味わえる1曲とも言える。

 続く第2弾シングル「Can You See The Light」は一転し、オリエンタルなムードの中でダンサブルなビートが高揚を与えるディープハウス調の1曲だ。なお、この2曲は地続きの世界観を共有していることが各MVの中で明確に描写されており、深く仄暗い「ANSWER…SHADOW」の精神世界から浮上し、ジリジリと燃え上がる情熱に心身を焦がしていく「Can You See The Light」ーーというようなストーリーも垣間見ることができる。

 そもそも、このEP『ANSWER…SHADOW』は登坂本人のコメントにもある通り、昨年1月にリリースされたアルバム『Who Are You?』のテーマであった“自分は何者なのか”という問いから約1年を経て辿り着いた解にあたる作品であるため、前作の内容も含めた1つの大きなテーマ性を有していると思われる。4月にリリースされる第3弾シングルの詳細はまだ明らかになっていないが、先に解禁された2曲と通底した何らかの世界観を持った楽曲である可能性は高いだろう。

登坂広臣、ソロ名義新曲MVで「希望」を表現(MV CanYouSeeTheLight/OMI 登坂広臣)

 では、その“1つの大きなテーマ性”とは何か。少なくとも現時点の先行シングル2作において強調されているのは、登坂のソロ活動における象徴的モチーフである「月」の光と影というメタファーを起点に、様々な事象を連ねて表されている“表裏一体の二面性”だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる