[Alexandros]の歴史が浮き彫りになった10周年記念ライブ 記憶に刻まれた庄村聡泰ラストのステージ

[Alexandros]の歴史が浮き彫りになった10周年記念ライブ 記憶に刻まれた庄村聡泰ラストのステージ

 [Alexandros]のデビュー10周年記念ライブ『[Alexandros] 10th ANNIVERSARY LIVE at 国立代々木競技場 第一体育館 “Where’s My Yoyogi?”』が3月20〜21日、千葉・幕張メッセ国際展示場9-11ホールで開催された。会場が幕張なのに“Where’s My Yoyogi?”なのは、緊急事態宣言のため一時開催見合わせとなり、延期や会場変更を余儀なくされたから。バンドや観客にとって待望のライブだったが、同時にこの2日間は、庄村聡泰(Dr)のラストライブでもあった。無事開催できたことは喜ばしいが、“終わらないでほしい”という気持ちも捨てきれない。そんな心境の人が大半だったのではないだろうか。

 本稿では21日公演をレポートする。オープニング映像が終わると、メンバーに扮した子どもの俳優による再現ドラマへ。「音楽やめようかな」と言い始めた白井眞輝(Gt)を川上洋平(Vo/Gt)が引き止めて、「今ヤバい曲できたから」とギターリフを披露。そのリフはデビュー曲「For Freedom」のイントロに使われているものであり、映像終了とともに「For Freedom」が始まった。川上、磯部寛之(Ba/Cho)、白井、サポートのリアド偉武(Dr)で鳴らす前々奏的なセッションを経て、あのリフが放たれる。言葉数の多い曲だけに川上が歌うフレーズの一つひとつは弾丸のよう。白井が渾身のギターソロを響かせた間奏を経て、ラスサビではさらに勢いが増した。アウトロでは磯部が「いくぞ幕張!」と叫び、オーディエンスが腕を上げる。

川上洋平

 客席からの歓声がないため、「She’s Very」イントロの休符による静寂に空気が一瞬引き締まる。感染症対策のガイドラインを守りながらのライブはどうしても従来とは違う形になってしまうが、メンバーはこのシチュエーションに臆することなく、観客のことも信頼しきっている様子。磯部と白井は一際力強くコーラスし、川上は、観客が歌えないことを承知しながらもいつものようにシンガロングを煽る(口からではなく心からの声を出してほしいとのこと)。観客は飛び跳ねたり拳を上げたりすることでそれに応えるが、その光景を見ていると、シンガロングが聞こえる気がしてくるから不思議だ。「みんなが歌うパートがたくさんある曲多いですね、うちら。だからちょっと寂しくなるかなと思ったんですけど全然そんなことなかったです!」「本当にみなさん最高です。さすが楽しむプロです」と川上。「Adventure」でも「ワタリドリ」でも客席へマイクを向ける。

 セットリストはリリースの時系列に沿ったもので、要所要所に再現ドラマVTRを挟みながら進行。[Alexandros]なりのラブソング=「You’re So Sweet & I Love You」でスクリーンに大きなハートマークが映る、いくつかの曲でMVを彷彿とさせる映像演出があるなど、アニバーサリーらしい王道演出もありつつ、ベストアルバム『Where’s My History?』にない曲も演奏するという心地よい裏切りもあった。本編17曲が浮き彫りにさせたのはバンドの歴史だ。「For Freedom」のリフが生まれた時はメンバーさえも「リズム分かりにく!」「それって曲なの?」と驚いたのだそう。しかし、拍子を度外視したリズムパターン、“1曲を通してのカラー”にとらわれない曲展開といった歪な個性はこのバンド特有の武器となった。抜きん出て華やかなドラマーの加入によって、その武器はますます磨かれ(そう考えるとサポートのリアドもすごい。当初から[Alexandros]のことを近くで見ていた人物だからこそ叩けるのだろう)、リフ一つで大勢の観客を湧かせるようになった。ROSE(Key)合流後の3rd~4thアルバムパートではサウンドスケープが拡大。7曲目「Kick&Spin」でメンバーが初めて定位置を離れ、花道へ駆け出していったのも象徴的だ。「starrrrrrr」の飛翔力。「ワタリドリ」~「NEW WALL」の壮大さ。「Feel like」の軽やかさが呼ぶ新風。ライブだとアウトロがさらに長い「Mosquito Bite」ではこのバンドの奔放さが炸裂している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる