BEYOOOOONDS 清野桃々姫プレイリスト連載「ひめぷれ」 3月は「新たな旅立ちに背中を押してくれる応援歌」

BEYOOOOONDS 清野桃々姫プレイリスト連載「ひめぷれ」 3月は「新たな旅立ちに背中を押してくれる応援歌」

自己肯定感を上げたい人にお勧めしたいKing Gnu「飛行艇」

――続いては、東京事変の「閃光少女」です。ここからまた流れが変わりますね。

清野:この曲は、“今”というフレーズが出てきて「未来のことを良い意味で考えなくていいよ」というメッセージがあるなと思うんです。明日のことは考えずに、力を残さずに、今ある力を出そうという良い曲だなって。特に〈写真機は要らないわ/五感をもってお出で〉って歌詞がすきで。私って、いい景色とか見てもあんまり写真を撮れないんですよ。でもその分、急に夢に出てきたりとかするのでこのフレーズに「あ、わかりました!」ってなります(笑)。

東京事変 – 閃光少女

――続いてのKing Gnu「飛行艇」はいかがですか? 

清野:King Gnuさんが本当に好きなんです。常田(大希)さんと井口(理)さんの低音と高音が合わさって、それが耳に届く瞬間がたまらなくて。この曲はトップに入るぐらい好きです。

――「飛行艇」は派手な展開をあえて抑えて重厚感あるビートを効かせた曲ですよね。King Gnuはメロディアスな楽曲が多いですが、そのなかで「飛行艇」を選ぶあたりに、清野さんの渋みを感じます。

清野:そうですか?(笑) この曲はヒーローになった気分になれるんですよ。仁王立ちで聞きたくなる感じで。「私が地球を作っている」という気持ちになるので、自己肯定感を上げたい人はこれを聴きながら朝の準備をして欲しいなと思います!

King Gnu – 飛行艇

――続いては『いないいないばあ』のテーマソング「がんばれ がんば!」です。「飛行艇」の緊張感からの力の抜け方がすごいですね。

清野:赤ちゃんみたいな曲ですよね(笑)。プレイリストを作る時に、サブスクで「がんばれ」って検索したら出てきて(笑)。私は『いないいないばあ』とか『おかあさんといっしょ』が大好きなので、この曲はかなりハマって。会社に着くギリギリに、これを流したら元気が出るかなって思いました。電車でこれを聴いていて、リアルに頭を抱えてしまって(笑)。とにかくかわいいので、絶対聴いたほうがいいです。

――この曲を最後にされたのは?

清野:一番最初の曲と最後の曲ってすごく悩むんです。本当は「飛行艇」を最後の曲にしようと決めてたんですけど、その後に「がんばれ がんば!」を見つけて。その瞬間に「これだ!」と思いました。

ーー清野さんは幅広く音楽を聴かれていますよね。サウンド面も歌詞においても様々です。そのなかで、清野さんが持つ“好き”という感覚の軸はなんだと思いますか?

清野:確かに「ひめぷれ」を担当させていただいてから、音楽のジャンルがごちゃごちゃだねって周りによく言われるようになりましたね(笑)。好きになる軸……声ですかね。歌声をきっかけに好きになることも多いです。

――この連載でもアーティストの歌声に触れることが多いですもんね。

清野:あとは、ベース、ドラム、ギターも好きですし、やっぱり全部になっちゃいます(笑)。Bメロからサビにかけて音の高さを下げてる曲って、たまにあってそういう曲は気になったりしますね。

――このプレイリストを選んでみていかがでしたか?

清野:今回はかなり自信作です。自分が好きな曲が詰まっているので、皆さんにも通勤中とか朝の準備中にいっぱい聴いて欲しいです。

――では、最後に3月の目標をまた教えていただけますか?

清野:3月はセカンドシングルをリリースさせていただくんですけど、表題曲が3曲ともすごく個性的ですし、もっといろんな場面でBEYOOOOONDSを知っていただけたらと思っています。個人的な話としては、高校2年生にもうすぐなるのでそれに向けて美意識を高めたいです。あと、音楽ファンとしても、3月はリリースが多かったり、楽しみなライブもあるので、楽しみたいと思います!

4月は「春の陽気にお散歩しながら聴きたい曲」をセレクト!

バックナンバー

1月:聴けばとにかくハッピーになれる曲
2月:片思いが楽しくなる曲

■リリース情報
『Now Now Ningen/激辛LOVE/こんなハズジャナカッター!』
2021年3月3日(水)発売
初回生産限定盤A(CD+DVD):¥1,700+税 発売記念イベント参加券封入
初回生産限定盤B(CD+DVD):¥1,700+税 発売記念イベント参加券封入
初回生産限定盤C(CD+DVD):¥1,700+税 発売記念イベント参加券封入
初回生産限定盤ビタミン(CD+DVD):¥1,700+税 発売記念イベント参加券封入

BEYOOOOONDS公式HP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる