ザ・コインロッカーズ、異例の毎週末オンラインライブで急成長? 約2カ月間で積み上げた努力を紐解く

ザ・コインロッカーズ、異例の毎週末オンラインライブで急成長? 約2カ月間で積み上げた努力を紐解く

 だが、いざ演奏に移るとその演奏力と表現力、パフォーマンスの迫力に圧倒されるのだから面白い。結成当初はメンバーにより楽器経験の有無や経験歴の違いが歴然としていたが、毎週末このオンラインライブを観ていると非常に安定感のある歌と演奏を堪能することができる。と同時に、同じ曲を違うメンバーで演奏することにより、同じパートでもメンバーにより表現の仕方が異なることにも気づかされる。ボーカルひとつ取っても、宇都宮未来や船井美玖に加え、松本璃奈や絹本夏海、Emilyとそれぞれの歌を楽しめるのだから、こんな贅沢はそうそうない。特に絹本とEmilyはシンガーとしての表現力、説得力がこの数カ月で格段と向上していることに気づかされるはずだ。

 つまり、これはザ・コインロッカーズが本来2020年のうちに着手したかった「ライブハウスでの経験値向上」を、オンラインライブという新たな形で実践しているにほかならない。受け手の我々がメンバーの組み合わせの妙を楽しむのはもちろんだが、送り手の演者側は組み合わせが変わるたびに自身の見せどころが変わり、ほかのメンバーに合わせることで毎回異なるグルーヴ感を生み出すこともできる。そういった経験がシンガー、プレイヤーとしての技術向上に確実につながり、ザ・コインロッカーズ全体の演奏力の底上げにもつながっている。この約2カ月の配信を観ていれば、そういった事実にもすぐに気づくことだろう。

 また、演奏力の底上げという点では、ユニットごとに選出されるカバー曲も大きく作用しているのではないだろうか。彼女たちはこれまでに「炎」(LiSA)、「今すぐKiss Me」(LINDBERG)、「ねぇ、」(SHISHAMO)、「魂のルフラン」(高橋洋子)、「プレイバックPart2」(山口百恵)、「カブトムシ」(aiko)、「チェリボム」(SILENT SIREN)、「瞬き」(back number)、「女々しくて」(ゴールデンボンバー)、「CHE.R.RY」(YUI)、「バレンタイン・キッス」(国生さゆり)、「星空のディスタンス」(THE ALFEE)、「ないものねだり」(KANA-BOON)、「プロミスザスター」(BiSH)、「少女S」(SCANDAL)といった実に幅広い楽曲を取り上げている。基本的には原曲に沿った形で演奏されているが、編成によってはシンプルなアコースティックアレンジが施されることもあり、こういったところでもプレイヤーとしての進歩につながっていることだろう。配信を毎週楽しみにしている視聴者の中には、「次はどんなカバー曲を取り上げるんだろう?」と期待している人も多いはずだ。

【2月6日(土) 】ザ・コインロッカーズ 1stアルバム発売記念スペシャルオンラインライブ

 そして、この配信が始まってしばらくしてから、ザ・コインロッカーズにとって非常に大きなトピックが生まれた。それがメンバーの後藤理花が出演した、1月30日放送の『芸能界特技王決定戦 TEPPEN2021冬』(フジテレビ系)だ。後藤はピアノ対決に参加し、善戦するも頂点を逃している。しかし、ここで残した爪痕の大きさは相当なものがあり、検索でザ・コインロッカーズの動画にたどり着いたという方も少なくないのではなかろうか。これを受け、翌週2月6日には“後藤理花 TEPPEN反省会”と題して後藤のピアノ独奏が配信されたほか、生田絵梨花(乃木坂46)の「あなたのために弾きたい」カバーも披露され、視聴者を大いに喜ばせてくれた。

【2月27日(土) 12:00~】ザ・コインロッカーズ 1stアルバム発売記念スペシャルオンラインライブ

 こうした積み重ねや思いがけないトピックの誕生により、ここ2カ月ほどでYouTube公式チャンネルの登録者数も増え始めている。コロナ禍で思うように活動できないアーティストが少なくない中での独自のスタンスが、徐々に浸透しつつあるこのタイミングに、ザ・コインロッカーズは満を辞して1stアルバム『青春とバンドは、楽しくてメンドクサイ』を発表する。同作にはここ2カ月のオンラインライブで披露されてきたオリジナル曲の多くが収録された、まさに2年以上におよぶ活動の集大成であると同時に、ここ最近で彼女たちを知った人への入門編にふさわしい1枚。日々成長を続けるザ・コインロッカーズにとって、最初の大きなマイルストーンになることだろう。

 このアルバムを掲げて、ザ・コインロッカーズたちがどこまで進化を続けるのか。毎週配信されるオンラインライブを観たら、きっと誰もがポジティブな未来を抱くはずだ。

■西廣智一(にしびろともかず)Twitter(@tomikyu)
音楽系ライター。2006年よりライターとしての活動を開始し、「ナタリー」の立ち上げに参加する。2014年12月からフリーランスとなり、WEBや雑誌でインタビューやコラム、ディスクレビューを執筆。乃木坂46からオジー・オズボーンまで、インタビューしたアーティストは多岐にわたる。

■リリース情報
ザ・コインロッカーズ
1st ALBUM『青春とバンドは、楽しくてメンドクサイ』
2021年3月24日(水)リリース
ワーナーミュージック・ジャパン

初回限定盤 CD+DVD (WPZL-31813~4)
価格:5,500円(税抜価格5,000円)

<CD収録内容>
01.憂鬱な空が好きなんだ
02.泣かせてくれないか?
03.仮病
04.僕はしあわせなのか?
05.桜なんか嫌いだ
06.コインロッカーの中身
07.夢がない僕が夢をみたんだ
08.最後の蝉
09.月はどこに行った?
10.マジでピンと
11.孤独でいることに慣れてしまった
12.小田急線
13.永遠の記憶
14.歌いたくて歌いたくて

<DVD収録内容>
○Music Video集
・憂鬱な空が好きなんだ Music Video
・月はどこに行った? Music Video
・桜なんか嫌いだ Music Video
・僕はしあわせなのか? Music Video
・マジでピンと Music Video
・夢がない僕が夢をみたんだ Music Video
・仮病 Music Video
・泣かせてくれないか? Music Video

○「ロッカーに何、入れる?」総集編
2019年からTOKYO MX、その後、YouTubeにて、ザ・コインロッカーズの活動に密着したレギュラー番組「ロッカーに何、入れる?」の総集編を収録。

通常盤(WPCL-13278) CD  価格:2,200円(税抜価格2,000円)
<CD収録内容>
01.憂鬱な空が好きなんだ
02.泣かせてくれないか?
03.仮病
04.僕はしあわせなのか?
05.桜なんか嫌いだ
06.コインロッカーの中身
07.夢がない僕が夢をみたんだ
08.最後の蝉
09.月はどこに行った?
10.マジでピンと
11.孤独でいることに慣れてしまった
12.小田急線
13.その日
14.歌いたくて歌いたくて

■ザ・コインロッカーズ オンラインライブ情報
ザ・コインロッカーズ1st ALBUM発売記念スペシャルオンラインライブ
配信日時:3月6日(土)、7日(日)12:00~
配信チャンネル:ザ・コインロッカーズオフィシャルYouTubeチャンネル
視聴URL:http://www.youtube.com/c/tcl

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる