aiko、スカパラ、Sexy Zone……J-POPの可能性広げた洗練アレンジ 最新5作品をレビュー

 3人のアレンジャーが奥深いラブソングを彩るaikoのニューアルバム『どうしたって伝えられないから』、川上洋平、アイナ・ジ・エンド(BiSH)、長谷川白紙などが参加した東京スカパラダイスオーケストラの新作『SKA=ALMIGHTY』。アレンジ、サウンドメイクに注目して聴いてほしい5作の新作を紹介します!

aiko『どうしたって伝えられないから』(通常盤)
aiko『どうしたって伝えられないから』(通常盤)

 シングル曲「青空」、「ハニーメモリー」を含むaikoの2年9カ月ぶりのニューアルバム『どうしたって伝えられないから』は、人を好きになることの切なさ、苦しさ、愛しさを丁寧に綴った歌詞、心地よいグルーヴと深いメッセージを同時に放つボーカルなど、aikoの音楽性がさらに深まっていることを示す1枚。彼女の歌を際立たせ、質の高いポップに仕立て上げたアレンジャー陣にもぜひ注目してほしい。本作に参加しているのは、トオミヨウ(M1、M2、M6、M7、M9、M11)、OSTER project(M3、M5)、島田昌典(M4、M8、M10、M12、M13)の3人。いなたさと現代的なポップネスを共存させるトオミ、ボカロPとしての発想を活かしたOSTER project、60~70年代のポップス、ロック、ソウルなどのテイストを織り込んだ島田。三者三様のサウンドメイクがこのアルバムの多様性につながっているのはまちがいないだろう。

aiko-『磁石』music video
東京スカパラダイスオーケストラ『SKA=ALMIGHTY』
東京スカパラダイスオーケストラ『SKA=ALMIGHTY』

 デビュー30周年を超えても精力的に動き続ける東京スカパラダイスオーケストラのニューアルバム『SKA=ALMIGHTY』は、タイトル通り、“スカという名のオールマイティなサウンド”の無限の可能性を示す作品だ。そのことを端的に表しているのが、多彩なゲストアーティストを招いたコラボ曲。サイケデリックな音像と鋭利なギターリフに導かれた「JUMON feat.アイナ・ジ・エンド(BiSH)」、最新鋭のエレクトロニカと鮮烈なスカビートが混ざり合う「会いたいね。゚(゚´ω`゚)゚。 feat.長谷川白紙」、ジャズ、スカ、ロック、歌謡を肉体的に融合させた「多重露光 feat.川上洋平」、ラテン音楽のエッセンスをたっぷり注ぎ込んだスペイン語詞「Ribbon feat.Moral Distraída」。一つのジャンルを追求し続けることで、ジャンルと国境を超越してきたスカパラの現在地がここにある。

「多重露光 feat.川上洋平」Music Video / TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA

 デビュー曲「Sexy Zone」(2011年)から最新シングル曲「NOT FOUND」(2020年)まで、Sexy Zoneの全シングル曲・23曲をコンパイルしたデビュー10周年記念アルバム『SZ10TH』。これまでのキャリアを網羅すると同時に、2曲の新曲からはSexyZoneの最新スタイルが実感できる。レコードノイズから始まる「RIGHT NEXT TO YOU」は全編英語詞によるダンスチューン。ネオソウル以降の潮流を捉えたトラック、ラップを交えたボーカルからは、彼らの音楽性のさらなる進化を証明している。そしてメンバー自身の作詞による「Change the world」は、グループの10年の軌跡、ファンへの感謝、“これからも一緒に歩いていこう”という思いに溢れたミディアムチューン。アタックの強いビート、華やかなストリングスなどADM的なテイストを感じさせる楽曲だ。

Sexy Zone「RIGHT NEXT TO YOU」(YouTube ver.)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる