原因は自分にある。、ポテンシャルの高さを多彩なステージングとともに表現 『仮想げんじぶ空間:case.3-多世界解釈-』レポート

原因は自分にある。、ポテンシャルの高さを多彩なステージングとともに表現 『仮想げんじぶ空間:case.3-多世界解釈-』レポート

 7人組ユニット、原因は自分にある。が1月23日、配信ライブ『仮想げんじぶ空間:case.3-多世界解釈-』を開催した。

 久下真音、Ayase(YOASOBI)、100回嘔吐、nqrseといった才能溢れるクリエイターが手がけた楽曲、緻密にしてダイナミックなダンスと確実に表現力を増したボーカル&パフォーマンス。1stアルバム『多世界解釈』を引っ提げたこのライブで“げんじぶ”は、数多のボーイズグループとは一線を画した、圧倒的な個性を示してみせた。

 最初に写し出されたのは、ミラーボールの美しい光。心地よいグルーヴをたたえたジャジーなSEとともに、大倉空人と武藤潤、長野凌大と桜木雅哉、小泉光咲と杢代和人、そして吉澤要人が順番に登場し、全員がステージに集結。ビッグバンドジャズのテイストを取り入れた「柘榴」からライブをスタートさせた。1番のサビは長野、2番のサビは武藤がメインボーカルを取り、スピード感のある歌割とハーモニーによって、メンバー全員の個性をしっかりとアピール。激しく変化を続けるフォーメーションダンスを至近距離で映し出し、〈今 一度  お見せします〉というセリフではメンバーの顔がアップになるなど、一瞬も見逃せない構成にチャット欄はファンからの歓喜の声で埋め尽くされた。

 続く「嗜好に関する世論調査」は疾走するピアノとギターを軸にしたアッパチューン。〈2択 2択 2択〉という歌詞に合わせてメンバーの似顔絵イラストが投影され、2.5次元的な演出が繰り広げられる。そのまま1stシングル曲「原因は自分にある。」につなぎ、ステージの前方、後方、左右に設置されたLEDにはリリックが写し出される。ダンスブレイクでは7人が個性的なソロダンス、エンディングはアクロバティックな振り付けを披露し、ダンサーとしての質の高さを見せつけた。さらに長野のダンス&小泉のボーカルから「シェイクスピアに学ぶ恋愛定理」(ドラマ『年の差婚』オープニング主題歌)に突入。武藤、大倉、桜木、杢代が笑顔で歌を繋ぎ、ラブリーなラブソングをカメラ目線でパフォーマンス。サビでは輪になったメンバーをカメラが内側から順番に映し、コメント欄には「イケメン回転寿司!」というコメントも。ライブ用にアレンジされたノンストップな編成とともに、配信スタートから一瞬も目が離せない映像が続く。

 「2021年最初のライブ、『仮想げんじぶ空間:case.3-多世界解釈-』へようこそ!」(長野)という挨拶から、全員が自己紹介。アルバム『多世界解釈』のリリースを改めて報告し、「いきなり(アルバムの)目玉(『柘榴』)がきて、ビックリしたと思います。作っていただいた楽曲の世界観に合わせ、パフォーマンスをお届けできる幸せを実感しております」(大倉)とコメント。また小泉は「横一列になって前に出るサビの振り付けは、一緒に前に進んでいこうという意味。他の振り付けにも意味があるので、アーカイブを観てほしいです」と語り掛けた。

 この後は、Ayaseが手がけた楽曲「スノウダンス」を初パフォーマンス。アニメーションによるMVともに披露されたこの曲では、憂いを帯びた青のライトのなかで、歌詞の世界観をしっかりと手渡すようなボーカルを響かせ、楽曲の物語とリンクしたダンスを見せる。特に〈君のいない景色に 淡い雪が積もる〉というフレーズを紡ぎ出す吉澤の歌声は強く心に残った。

 オレンジを基調とした照明、ラテンのフレイバーを感じさせる「Up and Down」では、官能的なダンスでオーディエンスを魅了。武藤、小泉、長野の3人でサビのパートをシックに歌い上げた次の瞬間、カメラは客席に移動した大倉、小泉、杢代、吉澤を捉え、ジャズテイストの「In the Nude」へ。サビの前で武藤、小泉、長野も合流し、カメラをしっかりと見据えながらセクシーなメロディを奏でる。全員で指を鳴らし、〈下唇でも噛んでみな〉の下唇を指でなでる振り付けも妖艶だ。

 バウンシーなトラックが気持ちいい「嘘から始まる自称系」では、画面上にリリックが投影されるなか、長野、杢代がトランシーバーで歌唱。他の5人は既にメインステージに戻り、切れ味鋭いボーカル、ラップを会場に響かせる。サビでは長野、杢代も合流、全員で〈Tsk-tsk Tsk-tsk 凋落って〉というキャッチーなフレーズをシンガロング。会場全体をフルに使ったパフォーマンスはまさに驚きの連続だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる