三代目JSB『LIVE×ONLINE BEYOND THE BORDER』に登場 EXILE SHOKICHI&後輩たちも駆けつけたクリスマスライブに

三代目JSB『LIVE×ONLINE BEYOND THE BORDER』に登場 EXILE SHOKICHI&後輩たちも駆けつけたクリスマスライブに

 LDHが仕掛ける新たなエンタテインメント『LIVE×ONLINE BEYOND THE BORDER』。クリスマスイブとなる3日目には、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)が登場。毎年恒例の「三代目 J SOUL CHRISTMAS」を今年は『LIVE×ONLINE』で開催するという。ライブ中に発表されるファン投票のパフォーマンス曲や、サプライズ企画などが盛り込まれ、クリスマスイブならではの特別なライブに期待が高まった。

 オープニング映像では、クリスマスパーティーのチケットを手にした少女が、あるお屋敷に到着するシーンから始まる。鍵穴を覗くと、その向こうにはクリスマスツリーや暖炉を前にリラックスムードのメンバーたち。衣装はルームウェアで揃え、シャンパン片手に椅子に座りながら口ずさむという、”おうちクリスマス”感たっぷりのムードだ。これまで7月、9月、11月と『LIVE×ONLINE』を行ってきた三代目JSB。毎回配信ライブならではの演出やアイディアを実現してきたが、今回は視聴者が家でライブを見ているであろう状況に想像を巡らせ、ファンとの一体感を強めるための演出なのかもしれない。

 ライブは今市隆二と登坂広臣が歌い上げる「Silent Night」でスタート。ステージが転換すると、巨大なプレゼントボックスの山が現れグリーンのサンタクロース風衣装のダンサー達も登場。メンバーもプレゼントを抱え、珍しくナチュラルな笑顔でパフォーマンス。2曲目は「LAST CHRISTMAS」。プレゼントの包みから星のオーナメントを取り出し、ステージ頂上のツリーに飾り付ける。映像には粉雪が降るという演出も。口々に「メリークリスマース!」「ハッピーホリデー」とクリスマスを祝った。

 3曲目「O.R.I.O.N.」はライブでも盛り上がる定番曲だが、今回はスペシャルバージョンのテクノアレンジでいつも以上にキラキラ度がアップ。続く「HAPPY」では、パフォーマーのソロダンスでクールな魅せ場を作りながらも、一方でメンバー同士のノリの掛け合いを見せるギャップある演出に。ELLYが山下健二郎の肩を抱き寄せるシーンにはコメント欄が湧いていた。

 「Forever Together」では光のフィルターに包まれ、メンバーが反射板の中で踊るという幻想的なステージに。

 立て続けにクリスマスにぴったりの選曲が続いた後、トークパートがスタート。今回は事前にファン投票で選ばれた4曲から、Twitter投票で上位3曲を選びパフォーマンス直前に発表するという企画も進行中。現時点では、1位は2019年のシングル曲「SCARLET feat. Afrojack」、2位はMVの評価も高い「Yes we are」、3位は2016年に20枚目のシングルとして発表した「Welcome to TOKYO」、同率3位はさらに遡り17枚目のシングル曲「STORM RIDERS feat.SLASH」という順位だ。

 メンバーは「SCARLET」人気を「テレビでも1回しかやってないのに」と意外そう。普段あまりパフォーマンスが見られないというレアさが、ファン投票で上位に食い込んでいる理由のようだ。岩田剛典は「STORM RIDERSは久しぶりすぎて振り忘れちゃったな」と笑う。登坂も「俺もあの(STORM RIDERS)シャウトしたくないな」とハラハラしながら投票の行方を見守っていた。

 続いてトークはクリスマスエピソードへ。NAOTOがメンバーに「渾身のエピソード期待しているからね」と降ると、小林直己が「大切な人と行ったクリスマスディズニーの写真持ってきたんですけど」と挙手。画面に映し出されたのはディズニーキャラクターのフードを被ったNAOTOと直己のツーショット。5年前の仕事帰り、アフター6パスポートでディズニーシーへ行ったのだそう。直己は「ものすごく楽しかった」と振り返っていた。ELLYは高校時代に打ち込んでいた野球の試合中の写真を披露。ピッチャーとして活躍していたELLYは、子どもの頃に祖父からクリスマスプレゼントにもらった「オール特注モノ」だというキャッチャーミットを今も大切に保管しているという。「二塁刺しますよ」とボールをキャッチして素早く送球するパフォーマンスも見せた。

 今年は結成10周年というアニバーサリーイヤーを迎える三代目JSB。先日は総勢50名越えのMVを撮影したそうで、後輩が増えたことをメンバー達は感慨深く語り合っていた。そこへNAOTOが「そんな皆さんの人望を検証する『三代目J-1グランプリ』を行います」と宣言。自分が大切にしている後輩へいきなり生電話をかけ、会場に来てくれるように頼むという企画だ(J-1のJは“人望”だという)。登坂は「僕、人望ないチャンピオンです」と戸惑い、山下は「LDHの後輩縛りですか?」とボケる。今市はメンバーから「隆二が後輩と仲良くしているイメージない」と指摘されると、「後輩好きなんですよ、(仲良くする)きっかけがないだけで」と笑っていた。

 直己が選んだのは、FacebookやInstagramで絡むようになったというFANTASTICSの木村慧人。直己がステージ上から電話をかけ「慧人が必要で」と誘うと「30分後ですか?」と焦った様子の慧人。

 今市は「後輩の中で一番お酒飲んだ回数が多い」というEXILE/FANTASTICSの佐藤大樹を選択。「メリークリスマス」と電話をかけ、「全然無理なしで、9時15分まで(30分後)に来て欲しい」と呼びかけた。

 「後輩は数少ない」という登坂は、とっておきの引き出しとして劇団EXILE 八木将康に電話をかける。登坂は八木が歌手デビューを目指す「SUPER STAR PROJECT」をプロデュースした仲。電話を受けた八木は「オンラインライブ見てますよ。登坂くん、誰に電話するんだろうな~と思っていたらかかってきたんで」と驚いた様子。すると「見てたんでしょ? 話早いわ、待ってるね!」と強引に電話を切り、プロデューサーとしての関係性を利用し勝負に挑んだ。

 岩田は“岩田チルドレン”だというTHE RAMPAGEの藤原樹を選んだ。「結構仲いいんでこういう無茶振りにも乗ってくれる」と自信を見せた。

 ELLYは「打ち合わせのときはHIROさんにかけるつもりだった」と言いながらも、電話をかけた相手はDOBERMAN INFINITYのSWAY。「めっちゃ急じゃん、今から?」と焦るSWAYに、「後でアクセサリーあげるから」と釣るELLY。

 山下が選んだ後輩はGENERATIONSの白濱亜嵐。メンバーから「顔も似てるしね」と野次られると「よう言われますわ」と返す。ただ、電話をかけると「番号が使われておりません」というアナウンスに呆然。改めてスタッフに番号を聞き直しかけると、「けんちゃんすごい急じゃなーい」とふざけるハイテンションの亜嵐。山下は「いつも大好きです」と言い残して切り、仲の良さを感じさせた。

 NAOTOが「意外なところ行くね」と言いかけた相手はGENERATIONS 佐野玲於。佐野はすぐに電話に出たが「これメンディーの役割じゃん」「出前とか頼んじゃったんすよ」と言い訳を残し、電話を切った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる