CYNHN、日常の孤独に寄り添う1st EP『#0F4C81(クラシックブルー)』 繊細な楽曲群を歌いこなる頼もしいヴォーカル

CYNHN、1st EP『#0F4C81』評

 なお、『#0F4C81』は「紺青盤(初回限定盤)」と「青盤(通常盤)」がリリースされるが、後者にのみ「水生-asanoappy REMIX-」が収録される。2020年3月にリリースされたシングル曲「水生」は、2020年のCYNHNにとって代表作のひとつと呼んでいい。このリミックスは、 2020年10月28日の配信ライブ『Re Blue』の第1部で披露されたもので、テクノなトラックに様変わりしている。なお、リミックスを手がけたasanoappyは、CYNHNのマネージャーだ。

 『#0F4C81』は、これまでになく女性作家が手がけた楽曲が多い。そのなかでよりリアルな内面の葛藤を描き、それをさまざまな濃さの「青」で彩っている。わかりやすいロックナンバーよりも、繊細さを追求している楽曲群が揃っていることも特徴的だ。そして、そんな難易度の高い楽曲たちを、メンバーのヴォーカルが表現しきっていることも頼もしい。

 私たちの社会の混乱は、いまだにいつ夜明けを迎えるのかもわからない。外出自粛要請や緊急事態宣言がいつ発出されるのかもわからない不安定な日々を過ごす。そんな日常の孤独に寄り添う音楽として、CYNHNの『#0F4C81』は静かに、しかし深く響くはずだ。

■宗像明将
1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールドミュージックや民俗音楽について執筆する音楽評論家。近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。Twitter

■リリース情報
2020年12月23日(水)発売
『#0F4C81』(クラシックブルー)
<収録曲>
M1. イナフイナス (作詞&作曲:渡辺翔/編曲:ケンカイヨシ)
M2. 氷菓 (作詞:武市和希/作曲:mol-74 /編曲:トオミヨウ)
M3. 夜間飛行 (作詞:蒼山幸子/作曲&編曲:トオミヨウ)
M4. インディゴに沈む (作詞&作曲:草野華余子/編曲:草野華余子・eba)

【紺青盤(初回限定盤)】TECI-1715 / ¥2,727+税(CD+DVD)
CD収録内容:上記4曲+4曲のInst ver.
DVD収録内容:MV&メイキング

【青盤(通常盤)】TECI-1716 / ¥1,818+税(CD)
CD収録内容:上記4曲予定

CYNHN Official Site
CYNHN Official Twitter
I BLUE Label Site

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる