平手友梨奈、『2020 FNS歌謡祭』でパフォーマンス 視聴者を惹きつける様々な表情と表現の凄み

 12月9日放送の音楽特番『2020 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)第2夜に元欅坂46の平手友梨奈が出演。何をパフォーマンスするのか詳細がアナウンスされていないだけに、登場の時間を期待して待つファンも多いはずだ。

欅坂46 黒い羊
欅坂46『黒い羊 (TYPE-A)』

 平手といえば『FNS歌謡祭』で過去に3度、アーティストとのコラボパフォーマンスを行っている。2016年にはゴスペラーズと共演し、「ミモザ」を歌唱した。2017年は平井堅と「ノンフィクション」でコラボレート。この時は制服姿で、どこか欅坂46の「エキセントリック」を彷彿とさせるようなダンスを繰り広げた。美しい平井の歌声と、人生の葛藤や悲哀、生きることの尊さを綴った歌詞世界、そして平手の情熱的なパフォーマンスが多くの視聴者の感動を誘い、SNS上でも話題となった。

 今年8月には森山直太郎と「生きてることが辛いなら」で共演した。少女ダンサー・みおしめじと激しくも切ないダンスを披露し、Twitterでは「#平手友梨奈」がトレンド入りした。

 そんな平手といえば何かが憑依したような、歌詞世界の内容と添うある種の攻撃的なパフォーマンス力が魅力の一つとして挙げられるだろう。欅坂46の「不協和音」のMVで見せる不敵な笑みにはアイドルという枠を超えた凄みを覚え、「黒い羊」での苦悩の表情や走り出す瞬間の間の一つに、頭抜けた表現力を感じた。何より、デビュー曲「サイレントマジョリティー」でのセンターに立つ14歳の少女の非凡な存在感には驚かされた。

欅坂46 『不協和音』
欅坂46 『黒い羊』

 しかし平手の特筆すべき点は攻撃的なパフォーマンス力だけではない。「二人セゾン」では圧巻のソロダンスで、ライブ会場に集まった多くのファンを魅了していたが、一方で曲の所々ではキュートなポーズを取って彼女の中に内包された”かわいらしさ”を解き放っていた。その上で表情一つで”儚さ”も感じさせた。振り付けとはまた違う仕草や独特の空気感、それに加えどこかあたたかさのある声色も彼女の大きな武器だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる